>  >  > けやき坂46、2018年は大躍進の1年に

けやき坂46、2018年は大躍進の1年に 目覚ましい活躍ぶりを振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年11月30日に長濱ねるが『欅って、書けない?』(テレビ東京系)に初出演してから3年が経ち、けやき坂46(以下、ひらがなけやき)が実質3周年を迎えた。特に今年のひらがなけやきは単独のグループとして本格的に始動し、アイドル界全体を見渡してもこれほど成長を遂げたグループは他にないように思う。昨年の今頃はひらがなけやきが日本武道館での単独公演を合計6回行うこと、井口眞緒がソロで『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、影山優佳が『日本倫理・哲学グランプリ2018』銅賞に輝くなんて誰が想像しただろうか。そんなひらがけやきの2018年を振り返ってみたい。

けやき坂46『走り出す瞬間』(通常盤)

 ひらがなけやきの快進撃の始まりは、やはり1月30日・31日・2月1日の3日間にわたって開催された日本武道館公演。欅坂46(以下、漢字欅)が出演できない代わりに2日間のチャンスが巡り、期待以上の幸福感に満ちたパフォーマンスで観客を満足させた。その後、6月20日には単独でのデビューアルバム『走り出す瞬間』をリリースし、それに伴う全国ツアーも安定の実力で見事完走を果たす。

 同アルバムのリード曲「期待していない自分」のセンターに、佐々木美玲を起用したこともまた、ひらがなけやきの躍進を支えた要素の一つではないだろうか。漢字欅とは違い、平手友梨奈ほどの絶対的なカリスマがいない分、背が高くて見栄えの良い佐々木美玲をセンターに起用することで、グループ全体のバランスが良く見え、一体感があるビジュアルを生み出す。センター発表の時に本人よりメンバーが喜んだという人柄の良さと明るい性格が魅力的な佐々木美玲。武道館で初披露された「イマニミテイロ」で、佐々木美玲がセンターに登場した時には正直驚いたが、歌詞とリンクするように期待に応えるパフォーマンスからは、長濱のいない新しいひらがなけやきの本格始動を感じた。そんなハッピーオーラの体現者とも言える佐々木美玲だけに大役を負わせるのではなく、加藤史帆や齊藤京子ら歌唱メンバーとのトロイカ体制的な部分は、漢字欅との差別化にもなり、様々な可能性を秘めているように思う。

 アルバムリリースを前に、漢字欅からの独立を決定付けたのは、単独レギュラー番組『KEYABINGO!4』(日本テレビ系)と『ひらがな推し』(テレビ東京系)が、今年4月から始まったことではないだろうか。先輩がいなくなったことで、キャプテン佐々木久美の有能さをはじめ、2期生メンバーの個々の面白さなどが視聴者に浸透した。また『ひらがな推し』では毎週歌のコーナーが毎週あることも、歌番組への出演が少ない彼女たちにとっては貴重な舞台となっている。

 忘れていけないのが、ひらがなけやきが最初に世間に挑んだ齊藤京子の冠特番『けやき坂46 ラーメン大好き!齊藤京子です』(CSテレ朝チャンネル1・4月25日放送)。『欅って、書けない?』(テレビ東京系)時代の貯金とも言える”ラーメン大好き齊藤京子”のキャラが他局で抜擢されるという快挙。敷かれたレールではない、実力が試される場での奮闘ぶりは彼女たちにとって、外でやっていけるという自信がついたと共に、本当の意味でブレイクのきっかけとなった番組ではないだろうか。

      

「けやき坂46、2018年は大躍進の1年に 目覚ましい活躍ぶりを振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版