>  >  > けやき坂46、“日向坂46”へ改名

けやき坂46、“日向坂46”への改名にメンバー感涙 齊藤京子「3年間やってきて一番嬉しい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 けやき坂46(通称:ひらがなけやき)が11日、動画配信サイト『SHOWROOM』の生配信を行い、「日向坂(ひなたざか)46」への改名がサプライズ発表された。

左から佐々木美玲、齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、柿崎芽実、佐々木久美

 生配信には佐々木久美、柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木美玲、小坂菜緒の6名が出演。キャプテンを務める佐々木久美から“けやき坂46の5つの重要なお知らせ”があると語られ、それぞれのメンバーの口から3月27日の単独シングルデビューのほか、デビューカウントダウンライブの開催、新シングル曲でのファッションサブスクリプションサービス『メチャカリ』CMソングタイアップ、単独オフィシャルサイトと単独ファンクラブ開設が発表された。

『SHOWROOM』のサプライズ映像を見るメンバー

 改名は、事前に用意されていた“5つのお知らせ”を言い終えた後、SHOWROOMで流されたサプライズ映像にてメンバーに伝えられた。新グループ名“日向坂46”を初めて知ったメンバーは、それぞれ発表と共に言葉にならない歓喜の声をあげて壇上で抱き合い、“日向坂! めっちゃいい”、“可愛い!”、“嬉しい”といった喜びの姿を報道陣に見せた。

 興奮さめやらぬ状態の中、佐々木久美は“けやき坂46”という名前について「ずっと悩んでたよね」とコメントすると、改名することが一番の夢だったという齊藤は「3年間やってきて一番嬉しい」と心境を吐露し、加藤も「ずっとメンバーの間で話していたんですよ、ずっと“ひらがなけやき”のままでいいのかな、とか……本当に嬉しい」と語った。また、佐々木美玲は「3年間みんなで頑張ってきたからこそ、シングルデビューできると思います。これまで積み上げてきたものをもっとももっと積み上げて、みなさんにハッピーを届けたい」と涙ながらに誓った。

      

「けやき坂46、“日向坂46”への改名にメンバー感涙 齊藤京子「3年間やってきて一番嬉しい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版