>  > ユアネスが“大切”にしていること

『Shift』インタビュー

ユアネスが語る、バンドとして変わらず大切にしていること「真ん中にあるのは歌」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月に初の全国流通盤『Ctrl+Z』(コントロールゼット)をリリースした福岡発の4ピースバンド・ユアネスから1st EP『Shift』が届けられた。このタイトルには“Ctrl+Z+Shift”つまり“元に戻した行動をやり直す”という意味が込められていて、前作『Ctrl+Z』と密接につながった“2枚でひとつの作品”として位置づけられている。

 以前からライブで披露され、ファンの間で音源化が待ち望まれていた「凩」、黒川侑司(Vo/Gt)の表情豊かなボーカルが印象的な「日々、月を見る」など収めた本作『Shift』には、ノスタルジックなメロディ、物語性のある歌詞の世界、ポストロック、音響系、マスロックなどを融合したアレンジなど、このバンドの特性が色濃く反映されている。本作の制作を軸にしながら、CDパッケージに対する考え方、人間性を重視するというバンド観などについても語ってもらった。(森朋之)

「CDを手に取る意味を作りたい」

ーー1st  EP『Shift』がリリースされます。前作『Ctrl+Z』と今回の作品で“2枚でひとつ”として構成されているそうですね。

古閑翔平(以下、古閑):はい。パソコンで曲を作っているので、“Ctrl+Z”(コマンドキー“元に戻す”)をよく使うんです。それを前作のタイトルにしたときに、「次は『Shift』にしよう」と。先にタイトルを決めたというよりも、制作を進めていくなかで「このタイトルが合うな」と思ったんですけどね。

黒川侑司(以下、黒川):うん。前作は過去を振り返るような曲が多かったから、『Ctrl+Z』というタイトルはピッタリだなと思いました。今回の『Shift』は(“Ctrl+Z+Shift”で)“元に戻したものをやり直す”という意味ですね。

古閑:作詞・作曲している立場からすると、全体的なテーマだったり、伝えたいことの核だったりがはっきりしていたほうがやりやすいんです。それをもとにして、歌詞やメロディを選べるので。

黒川侑司

ーー物語性のある作品が好きなんですか?

古閑:そうですね。推理モノ、ミステリーとか、ワクワクできるものが好きなので。「どうしてこうなっているんだろう?」と考えるのが好きだし、もともと敏感なんですよ。たとえば本を読んでいても「作者は何を考えてこの作品を書いたんだろう?」と考えたり。曲作りの勉強にもなりますからね。

黒川:古閑はギミックが仕掛けられているのものが好きなんだと思います。それは彼が作る曲にも出ていて。

ーー曲に込められた仕掛けは、メンバーに話しているんですか?

古閑:ほとんど話さないですね。

黒川:こういうインタビューの場で知ることがほとんどです(笑)。

田中雄大(以下、田中):うん、それはけっこうある。制作中はフレーズを考えて、しっかり録ることに集中しているので……。

小野貴寛(以下、小野):まずはしっかり演奏して、後から「この曲にはこういう仕掛けがあって」と教えてもらうっていう(笑)。

黒川:僕は歌う身なので、多少は教えてもらいますね。レコーディング中に、ふと紙に書いて渡されて、その歌詞に込められた意味が図で説明されていたり。まあ、それは僕らだけの楽しみなんですけど、歌詞カードやジャケットにも色々なことが隠されているので、そこも楽しんでほしいなと思います。

古閑翔平

ーー曲を聴くだけではなく、いろいろな楽しみ方ができると。

黒川:そうですね。過去の作品でもちょっとずつやってきたので、「今回も何かあるはず」と思ってくれている方もいるので。

古閑:ユアネスというバンドのいろいろな側面を見つけて、楽しんでほしいんですよね。そのためにCDジャケット、歌詞カードにも注力していて。CDが売れない時代と言われてるけど、だからこそCDを手に取る意味を作りたいんです。単に音楽を再生するメディアではなくて、小説や絵本のような要素を持たせたいなと。

ーーユアネスの幅広い音楽性が感じられるのも『Shift』の魅力だと思います。

黒川:ありがとうございます。前作とは違ったテイストのアレンジの曲も入っているので、楽しんでもらえるのではないかと思います。

小野:全体的な雰囲気は変わってないかもしれないですが、アレンジ、サウンドの作り方で劇的に変化した部分もあって。ドラマーの目線でいうと、前作よりもさらに歌を意識して組み上げていきました。EP全体を通して、“歌モノ”感が強くなっていると思います。

古閑:メンバー全員の共通認識ですね、それは。

田中:うん。特に言葉にしなくても、「黒川の歌がいちばんの武器」というのは最も大事にしているところなので。『Shift』の前半はバンドサウンドで引っ張る曲、後半には歌を押し出した曲が入っていて、それがいい緩急につながっていると思います。

ーーでは、収録曲について聞かせてください。『Shift』の1曲目に収録されている「変化に気づかない」は、音楽ではなく、久しぶりに会った男女の会話で構成されています。

古閑:「凩」を1曲目にしたかったんですが、その前にポエトリーリーディングを置こうと思って。前作も女の子のセリフから始まるし、一貫性を持たせるという意味もありますね。

「ユアネスが語る、バンドとして変わらず大切にしていること「真ん中にあるのは歌」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版