King & Princeの“ピンクの子”こと岩橋玄樹はキュートなだけじゃない? 不思議な魅力の正体を考察

 かつて、「野球のキャスターになりたい」と夢を語った岩橋だが、今後はもしかしたら国際試合をはじめ、日本人選手も活躍するメジャーリーグのキャスターとしても活躍できる可能性を秘めているかもしれない。

 10月23日からスタートのドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(日本テレビ系)では髙橋海人、神宮寺勇太とのトリプル主演が決定している岩橋。アイドルとしてステージに立ちながが、バラエティ、スポーツ、俳優と活躍の幅をどんどん広げていく姿は実にまぶしい。見た目のかわいらしさだけでなく、底知れぬ深い魅力を感じさせるアイドルだ。将来的に、ファンの期待をいい意味で裏切る、誰もが予想していなかった活躍を見せてくれそうだ。

■柚月裕実
Web編集者/ライター。企画、担当編集、取材・執筆してます。
日本の男性アイドルの頑張りを見ては涙する30代。
始まりはSMAP中居さん。 KAT-TUN、NEWS中心の事務所担。年中HDDの整理と原稿書きに追われています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる