KAT-TUNはより強く、より愛らしくなった 新アルバム『CAST』から感じる3人の“完璧さ”

 〈Hey この僕が約束をやぶったことがあるかい? 幸せにしてやるよ〉とは「Believe it」の一節。こんなにも男気溢れるフレーズを自信たっぷりに歌い上げるKAT-TUNに、しびれないわけがない。そして〈傷ひとつないやつに世界など動かせない〉と歌う「New Genesis」に彼らの今の心境を、つい投影してしまう。強い男たちは、傷ついた心を決してひけらかしたりはしないのだろう。ひとりじっと痛みに耐えて、癒えるときを待つ。大事なファンに心配をかけないために、そしてメンバーと共に幸せになるために。

 「Unstoppable」のMVで見せた、3人のフォーメーションも完璧だった。三角形の構造は、ほかの図形よりも強いといわれている。新しいKAT-TUNの歩みは、より彼ららしく、強気に、鋭く、どこまでも尖ってほしい。クールでぶっきらぼうそうなのに、ふと見せる仲間想いで愛情深い部分。それこそが、KAT-TUNらしさ。そして、その“らしさ”に触れるたびに、何度でも惚れ直すのだろう。

 アルバムリリースのタイミングで、3人でのメディア出演も増えている。今夜7月20日放送の『バズリズム02』(日本テレビ系)ではワチャワチャ座談会が繰り広げられ、結束力を高めた彼らのやり取りが見られるようだ。さらに22日の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)では、自宅VTR公開も。より強く、より愛らしくなったKAT-TUNの“これから”が、楽しみで仕方ない。

(文=佐藤結衣)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる