>  >  > KAT-TUNはより強く、より愛らしくなった

KAT-TUNはより強く、より愛らしくなった 新アルバム『CAST』から感じる3人の“完璧さ”

関連タグ
KAT-TUN
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KAT-TUNが7月18日にアルバム『CAST』をリリースした。約4年ぶりとなるオリジナルアルバム。そのうちの2年間は充電期間だったことを踏まえると、まさに待望の新作。「待ちに待った甲斐があった」手にしたファンは、きっとそう思ったことだろう。新体制で再始動したKAT-TUNは、私たちの期待を大きく上回る最新にして最善のアルバムを投げつけてくれた。

 亀梨和也が「僕たち自身が思う“KAT-TUN”らしさ」と、初回限定盤1に収録されたリード曲「Unstoppable」MVメイキング映像で語ったように、本作は「これぞKAT-TUN」と言いたくなるようなアルバムだ。

 1曲目の「DIRTY, SEXY, NIGHT」から、彼らの放つ大人の男の魅力が漂ってくる。KAT-TUNらしい色といえば黒だ。その黒は、夜の暗闇に溶け込み、気づけば心の内側に侵入する。〈「やめないで」なんて 言わせない〉こんな台詞を歌えるアイドルグループは、KAT-TUN以外いないのではないかと思うほど、彼らには強気な言葉が似合う。

 すっかり聞き手が酔いしれたところで、2曲目の「Ask Yourself」では〈君はどちらを選ぶ? 触れるか触れないか〉と揺さぶってくるのもにくい。ギリギリまで近づいて「ほしいなら自分でつかめ」と言い放つかのようだ。

 そして「FIRE STORM」で、さらにこちらの心を疼かせる。ダンサブルなサウンドに、8月4日から始まるライブツアー『KAT-TUN LIVE TOUR 2018  CAST』で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか、と思わず熱い想像をしてしまう。そのイメージは、まさに炎を伴う旋風となって脳内に燃え広がり、待ちきれなくなる。

 さらに、畳み掛けるように中丸雄一のヒューマンビートボックスと上田竜也の甘い歌い出しが魅力的な「READY FOR THIS!」に撃ち抜かれる。もはやノックアウト寸前の聞き手を、今度は「Don’t wait」の優しさで抱きしめ、アカペラに近い生っぽい歌声の「願い」で包み込む。そして、ドラマチックなメロディラインで一気に世界観に誘われる「MoonLight」へ。3人が充電期間に得た表現力の幅広さを、存分に味わうことができるラインナップにうっとりする。

 何より、3人のソロ曲が「最高」なのだ。亀梨は英詞の「One way love」を披露。さすがジャニーズのセックスシンボル、と言わんばかりの色気にトロトロに溶けてしまいそうだ。一方、気合いと情熱の男・上田のソロ曲「Wold’s End.」は、ゴリゴリのロックサウンド。ライブ会場で〈上がれ上がれ叫び上がれ〉と上田が煽り、ヘドバン&ジャンプする観客の姿が目に浮かぶ。そして、中丸本人が作詞を手がけた「Marionation」は、思わず“どこまでが実話?”とざわついてしまいそうになる湿度の高さ。ふだんは、ほんわかした雰囲気の中丸が〈愛を貪る〉と歌う、そのギャップがずるい。

      

「KAT-TUNはより強く、より愛らしくなった 新アルバム『CAST』から感じる3人の“完璧さ”」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版