三浦大知、芸人のパフォーマンスに共感 バカリズム「何の番組か分からなくなってきた」

 バカリズムとマギーが司会を務める音楽番組『バズリズム02』(日本テレビ系)。3月16日放送回では、ゲストに三浦大知が登場した。

三浦大知『BEST』(2CD+Blu-ray)

 「三浦大知が忙しすぎてやれてないことやりますSP」と題して三浦が行ったのは、「大好きなお笑いを観たい」という自身の趣味。「めちゃくちゃ詳しいってわけではないですけど、リスペクトしているというか大好きなので、結構リフレッシュになるんですよ」と話し、多忙なスケジュールのためお笑いが終えていないことを明かした。三浦はまず、バカリズムの単独ライブ『ぎ』のネタのDVD私物をスタジオに持ち込むと、「バカリズムさんとバカリズムさんのネタを観たい」とお願いする。ネタを観終わった三浦は、「始まった時の照明の感じとかもめちゃくちゃ緊張感あるじゃないですか。そこからの緩和の連続というか。シリアスなシーンだと分かっているのに、面白い」と本人を目の前に絶賛すると、バカリズムは「よくあるドラマとかであるシーンを、こうなったら面白いなって。すげぇ恥ずかしい」と説明しながら恥じらいを見せていた。

 三浦にネタを披露したのは「四千頭身」「世間知らズ」「小森園ひろし」「チャンス大城」の芸人4組。小森園ひろしの野球コーチがスタメンを発表していくネタに、バカリズムが「こういうタイプのネタって結構勇気いるんですよ。紙がなくなったっていうことを、いかに口に出さないで、演技だけで伝えるかだから気持ち分かるというか」と説明し、三浦も「動き一つで見せるみたいなのは、ダンスを僕もやっているので、紙を探している仕草とか1つで気持ちが伝わるというのは、そのすごい素敵だなと思いました」と語り合うと、バカリズムが「何の番組か分からなくなってきた」とつぶやき、スタジオに笑いが起こった。

 新曲「DIVE!」を披露する三浦は、楽曲について「タイトル通りいろんなことに飛び込んで、チャレンジしてきたので、これからも飛び込んでいきたいということで。芸人さんのいろんな飛び込みっぷりを見させてもらったんで、エンターテインメントというか、音楽でいろいろ飛び込んでいかないといけないなと思いました」と今後の意気込みを語った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる