遠藤ミチロウが語る、THE STALINとブラックユーモア「自分がパンクっていうふうには考えてない」

遠藤ミチロウが語る、THE STALINとブラックユーモア「自分がパンクっていうふうには考えてない」

民謡から爆音ノイズまで……現在のバンド活動

ーー今年2017年5月には、羊歯明神のドキュメンタリー映画『SHIDAMYOJIN』の公開がありました。この映画をきっかけにして羊歯明神の活動が始まったんですか?

遠藤:映画にしようと思ったのは後です。羊歯明神の最初のライブは、いわきの志田名ってところの盆踊りをやるためだったんですよ。だから映画『羊歯明神』はそこからスタートしてるんですよね。でも映像的にはもっと遡って、たまたま記録してたのをいっぱい使ってます。2012年の震災の次の年に、初めて浪江の仮設住宅で『浪江音楽祭』をやったんですけど、そのときに仮設住宅の人たちが「盆踊りをやってくれ」って言うので、コンサートの次の日は盆踊りをやったんですよ。そのときは櫓を組んでカセットテープを回して盆踊りをやったんですけど、それがなんていうか切なく感動的だったというか……。年寄りの人たちが、みんな黙々と相馬盆唄を聴きながら盆踊りを踊ってるのを見て「盆踊りは、そんなに地域に住んでる人たちにとって大切なものなんだな」って感じたんです。それで、自分でも盆踊り・民謡をやってみようと思いました。それから次の年に、『プロジェクトFUKUSHIMA!』(福島出身/在住の音楽家と詩人を代表として集まった福島県内外の有志によるプロジェクト)で盆踊りをやろうってことになって。

ーー『橋の下世界音楽祭』も盆踊りで出演されてましたよね。

遠藤:『橋の下』が櫓の上でやった初めですね。別のステージもあってどっちでやるって言われて「絶対に櫓で」って言いました。でもまだあのときは誰もぐるぐる回ってくれなかったんですよ。でも今年はみんな回ってました。民謡なんかも昔のままやってもいいんですけど、リアルじゃないじゃないですか。民謡を伝統音楽じゃなくて現代の音楽・歌にするにはやっぱり歌詞を変えて今のことを歌いたいなっていうのがあるから。あのリズムだけはね、日本オリジナルなんですよ。ほかは何やっても真似してるだろって言われるんですよね。ロックもそうだと思うんです。音頭のリズムは日本独特ですね。

ーー来年2018年1月12日には新大久保アースダムで『THE REAL MONSTERS NIGHT “Raw! Raw! Raw & Rock’n’Raw Show !”』が行われます。一緒にライブをやる宮西計三さんという方は、THE STALINのアルバム『trash』のジャケットを描かれた方ですよね?

遠藤:そうです。THE STALINのジャケットを描いたのは宮西さんのほかにも丸尾末広さん、あとは平口広美さんとか、ひさうちみちおさんとか、漫画雑誌『ガロ』で書いていた人たちだったんですけど、『ガロ』だけじゃみんな食えないじゃないですか。それで彼らが食えるようなギャラの出る漫画の編集を友達がやっていて、みんな紹介されたんですね。最初のソノシート『電動こけし/肉』は平口広美さんで、最初のアルバム『trash』が宮西計三さん、アルバム『虫』が丸尾末広さんで、カセットブックの『ベトナム伝説』で蛭子能収さんとか。全部その繋がりなんですよ。

ーー今回宮西計三さんと一緒にライブをやるのは何年振りなんですか?

遠藤:随分前から知ってるんですが、僕はソロで宮西さんのTHE HUNDRED DEVILSのアルバム『JAPANESE ORIGINAL ROCK STYLE』が出る前に、盛岡で一緒にやってます。そのあと宮西さんから「アルバムのライナーを書いてくれないか」と言われて書いたあとなんですよ、THE ENDっていうバンドをつくったのは。それで宮西さんの方からTHE ENDとやりたいということで。

(写真=西岡浩記)

ーー今回はバンド形式で出るんですね。THE ENDはどれくらい活動してるんですか?

遠藤:2015年の12月にアルバム『0 (ZERO)』を出したのでまだ2年ぐらいですね。

ーー宮西計三さんとの久々のライブ、なにか意気込みはありますか?

遠藤:THE HUNDRED DEVILSの音を聞けば、宮西さんがなんでTHE ENDを指名してきたかっていうのがすごくよくわかります。

ーー長年の付き合いの中で今回2マンをやるというのはどんな気持ちですか?

遠藤:どういう世界になるかわからないですよね。最近の若いミュージシャンって、爆音・ノイズ・サイケデリック・アンダーグラウンドが嫌いらしいんですよ。でもどっちのバンドもそれしかない。若者に嫌われるバンドなんですよ。でもTHE ENDは全然ノイズばかりじゃないですよ。とてもポップなんで(笑)。

(取材・文=ISHIYA/メイン写真=遠藤貴也)

■ライブ情報
THE END(遠藤ミチロウ) VS THE HUNDRED DEVILS(宮西計三) 2マンLive
THE REAL MONSTERS NIGHT “Raw! Raw! Raw & Rock’n’Raw Show !”

2018年1月12日(金)新大久保アースダム

開場19:00/開演19:30
前売¥3000/当日¥3500 ともに+drink
前売イープラス購入ページ(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

問合せ
アースダム
〒169-0072 東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビルB1
TEL&FAX (03)3205-4469

主宰
Pataphysique records
pataphysiquerecords@gmail.com

ライブ専用HP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる