ジェフ・ミルズ、単独公演で1993年以来となるオープンリール・セット披露 2マンライブ詳細も

 ジェフ・ミルズが、11月7日、9日に渋谷WWW Xで開催する公演について、詳細を発表した。

ジェフ・ミルズ「METAMORPHOSIS」

 11月7日の公演はテリー・ライリーを、9日の公演は、フアナ・モリーナを招いての2マン公演となる。それぞれの公演では、ジェフ・ミルズが初めてオーケストラのために書き下ろした作品『Planets』を、ジェフ・ミルズと麿赤兒率いる舞踏集団「大駱駝艦」により制作された映像とともに披露する。

 さらに、11月10日に代官山 晴れたら空に豆まいてで行う単独公演の内容も発表された。同公演では、1993年の新宿リキッドルーム公演以来となる、オープンリールを使用。このセットは「METAMORPHOSIS」と題され、ジェフ・ミルズがフランツ・カフカの『変身』にインスパイアされたというパフォーマンスを行う。

ジェフ・ミルズ コメント

フランツ・カフカの「変身」にインスパイアされた今回のパフォーマンスは変化のプロセス —新しい存在、形の創造へと向かう素材の動き− に焦点を当てつつ、オーディエンスを別次元へと導いていく。ジェフ・ミルズの音楽とともにパフォーマンスは進化のためにその姿を明らかにしていくだろう。

■関連リンク
代官山 晴れたら空に豆まいて
渋谷WWW X

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!