>  >  > 関ジャニ錦戸、極度の人見知りエピソード披露

関ジャニ∞錦戸亮、極度の人見知りエピソード披露「1人でドラマの番宣に出ても…」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150807-kannjyani.jpg(C)タナカケンイチ

 6月4日放送分の『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)では、関ジャニ∞のメンバーが「いきなりドッジ」に挑戦した。

 関ジャニ∞のメンバーが、人と触れ合い、汗をかき、様々な企画にチャレンジし、新たな一面を見せる同番組。今回はゲストに小籔千豊を迎え、番組の恒例企画である「いきなりドッジ」に挑戦した。リビング風の空間でメンバー同士が談笑する場面に突然ボールが投入されると、ドッジボールがスタート。3回当てられたメンバーが罰ゲームを受けるというルールだ。

 冒頭、1つ目のボールは大倉忠義の手に渡り、ゲストの小藪にヒット。一旦訪れたブレイクタイムでは、錦戸亮が吉本新喜劇を好きだと話し始め「NGK(なんばグランド花月)にも行きましたし、テレビも録画してます。土曜日の昼にずっと見てて、一回は離れたんですけど、久しぶりにみたら涙流すほどおもろくて」と熱心に語るが、ボールを受け取った小藪に当てられてしまった。

 次のボールを受け取った丸山隆平は、大倉に「最近一番笑った丸ちゃんのエピソード」を要求するなど、10分間にわたって暴走。オンエアでも大幅にカットされるほどのグダグダぶりを見せつけたあと、疲れから「はあ〜」とため息をつくと、錦戸から「なんでお前が『はあ〜』やねん!」と叱咤を受けた。

      

「関ジャニ∞錦戸亮、極度の人見知りエピソード披露「1人でドラマの番宣に出ても…」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版