>  >  > 関ジャニ錦戸、極度の人見知りエピソード披露

関ジャニ∞錦戸亮、極度の人見知りエピソード披露「1人でドラマの番宣に出ても…」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 番組後半では、錦戸が「1人でドラマの番宣に出てもどうしていいかわからん。前室でも端っこに立ってるか通路でマネージャーと一緒に並んでる」と人見知りエピソードを語ると、安田章大が「共演者には誰彼構わずハグできる」と、自身は真逆の性格であることを告白。安田はその理由について「だって人やもん。同じ生命体やん」と語るが、その後に小藪からボールを奪い取ろうとしたため、「サブっ! キモっ!」と吐き捨てられる一幕も。

 そして最後は、「当てられたらナースのコスプレ。しかも2アウト」というボールを当てられた横山が累積3アウト以上になり、ゲームが終了。コスプレをさせられた横山裕は、小藪の指示により謝罪をすることになったが、「失敗してもやり直せるということを僕を介してわかってもらえれば」といったコメントをし、小藪から「話が違う!」と叱られたところで番組が終了した。

 番組の恒例企画を通じて、メンバーの素が明らかになった今回の放送。次回は新企画「即泣きトライアル」をオンエアする予定だ。

(文=向原康太)

      

「関ジャニ∞錦戸亮、極度の人見知りエピソード披露「1人でドラマの番宣に出ても…」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版