パスピエが『印象D』で見せた“個のアプローチ”の強さ 武道館公演を控えたバンドの現在地とは?

20150626-passpied3.jpg

 

 1回目のMCで、成田ハネダはレキシを「1曲1曲の場慣れ感がすごい」と評すると、大胡田は「普段ゲラゲラ笑うことってあまりないけど、今日は笑っちゃった」とのMCで会場を盛り上げた。続いて大胡田が「みんな『初めての~』って好きでしょ? だから今日は初めてのメドレーをやりまーす!」と伝え、「シネマ」「△」「脳内戦争」「デモクラシークレット」を披露。数曲のオイシイところだけを抜き出して提示するこの方法は、リスナーの反応も上々だった。その後、大胡田は「ライブでは初披露の楽曲です」と語り、シングル『トキノワ』収録の「NEW MUSIC MACHINE」(CORNELIUSのカバー)を演奏。原曲やCD音源ではドリーミーなアレンジが施されている同曲を、バンドサウンドでダイナミックに表現してみせた。

20150626-passpied4.jpg

 

 続けて同作の表題曲「トキノワ」で再び会場を盛り上げたパスピエは、MCで成田が「俺らはレキシみたいにほかの人の曲をやったりはできないけど、みんなにもっと楽しんでもらえるようにいろいろ用意してきたから」と語り、「気象予報士の憂鬱」や「ワールドエンド」といった、1曲のなかで様々な展開を見せる楽曲を次々に披露。バンドとしての一体感も勿論だが、やおたくやのパワフルなドラムや、三澤勝洸(ギター)と露崎義邦(ベース)がワイヤレスシールドを装着してステージを縦横無尽に動き回る様は、5人がそれぞれバンドの中で自身の個を強く打ち出していると感じさせた。本編最後にはハードな「チャイナタウン」「MATATAEBISTEP」で締めくくった。

20150626-passpied5.jpg

 

 アンコールではメンバー全員がレキシの袴Tシャツに身を包んで登場。和んだ雰囲気の中で「きらきら武士」をカバーしたところ「そんなにおしゃれに歌っちゃ駄目だよ!」と池田が乱入し、“レキピエ”として同曲を再度披露した。池田がステージを去ったあとは、成田が全国ツアーの開催を発表し、ラストナンバー「最終電車」でライブを締めくくった。

20150628-rekipied4.jpg

 

 バンドが年末の武道館公演にむけ、着実に調子を上げていることを感じさせた『印象D』東京公演。ホームと呼ぶべき今回のイベントでは、バンドも伸び伸びとダイナミズムを発揮する余裕や個のアプローチが強く出ていた。夏はフェスも多くフィジカルなライブが増えるが、全国ツアーと年末ライブでは両者が融合し、ベストバランスといえるパフォーマンスが見れることを期待したい。

(文=中村拓海/写真=鳥居洋介)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる