> The Jesus and Mary Chain

The Jesus and Mary Chain

(ジーザス・アンド・メリー・チェイン)

80年代に音楽シーンへ強烈な影響を与えたアルバムのリストを作るとしたら——そのトップ5にジーザス・アンド・メリー・チェインの圧倒的なデビュー・アルバム『サイコ・キャンディ』を入れないわけにはいかないだろう。激しいフィードバック・ノイズにビーチボーイズやバードを思わせるポップなハーモニーを取り入れた彼らのサウンドは、今なおインディーズ・シーンから熱狂的支持を集めている。ただ、セカンド以降のアルバムはサウンド変化や浮き沈みが激しく、ある意味ではかなり混迷していると言えるかもしれないが……。
攻撃的なノイズから多重サンプリングを中心にしたオルタナ・サウンドへ移行したかと思うと、アコースティック・サウンドに鞍替えし、またノイズへ逆戻り……とその変遷は本当に目まぐるしい。そしてジムとウィリアムのリード兄弟は、自分たちが音楽シーンに与えた影響を自ら豪語し、そのステージ上での痴話ゲンカでも有名だ(それは酔っぱらい同士の殴り合いなのだが)。ライヴではごく稀に素晴らしいパフォーマンスを見せるが、大抵は「またか」という気分にさせられるのも正直なところなのだ。う〜ん……。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版