>  >  > WHITE ASHが最多ツアーで作り上げた“ライブ”

WHITE ASH、ツアー最終日赤坂BLITZ公演をレポート 自身最多ツアーで作り上げた“ライブ”とは

関連タグ
WHITE ASH
ROCK
ライブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WHITE ASHが7月10日、東京・赤坂BLITZにてツアー『Emperors And Dumbasses』のファイナル公演を開催した。アルバム『SPADE 3』のリリースツアーとして、バンド史上最多となる17公演を行なった本ツアー。“ライブ”を意識して作られたという意欲作『SPADE 3』の楽曲をメインに披露した最終日は、ステージングの幅を広げたWHITE ASHの新しい魅力を感じさせるステージだった。

20160714-aya.jpg

彩(Ba)

 WHITE ASHは、アルバムと同名曲「Spade Three」から本公演の幕を開けた。ステージの左右に設置された台に山さん(Gt)とのび太(Gt/Vo)が乗り、『Red Bull』をイメージして作られたという同曲を、まるで二頭の闘牛が闘いを仕掛け合うようにツインギターで鳴らし合った。続いて、打ち込みと生音をミックスした「Insight」では、サビのギターに合わせて観客が腕を上げ一斉に飛び跳ねる姿も。のび太が「ファイナル楽しんでこうぜ!」と叫ぶと、激しく点滅するストロボライトの演出が効いた「Number Ninety Nine」、「Crowds」で彩(Ba)が髪を振り乱しながら激しい演奏を披露した。「Thunderous」では、剛(Dr)が叩く押し寄せてくるようなビートが観客の高揚感を煽った。

20160714-go.jpg

剛(Dr)

 ここで、のび太の「みなさん楽しんでますか! 勢いのある曲で飛ばしたんで、膝を曲げてリズムを取るといい感じのやつ、サビでジャンプするといい感じのやつ、そういう曲たちをやろうと思いますので、自由に楽しんでってください!」とのMCを合図に、剛のリズミカルなビートに乗せて、彩のベースがメロディラインを奏でて始まった「Teenage Riot」を演奏。MC通り、のび太もオーディエンスも飛び跳ねながら全力でライブを楽しんでいた。

 照明が暗くなると、のび太が「Snow Falls In Lavender Fields」をアコースティックソロで歌い上げた。その雰囲気のまま「Ledger」「The Phantom Pain」のような1つ1つの音の重みを感じさせるダークな楽曲が続き、曲調に合わせた照明のミステリアスな演出が会場の雰囲気をガラッと変えていた。

20160714-nobita.jpg

のび太(GtVo)

 曲間で、ツアー会場に足を運んでくれたファンのおよそ4割が初めてワンマンライブに訪れた人たちであると知ったのび太は「僕がしゃべるときは自由に和気あいあいとしてね」と、改めてWHITE ASHのライブの楽しみ方を伝授。さらに、ツアーファイナルに訪れたファンへのサービスとして、大学時代にコピーしていたというアークティック・モンキーズの「Brianstorm」を披露。彼らのバンドに最も影響を与えてきたアークティック・モンキーズの疾走感のあるドラムから耳馴染みのあるギターリフまでを、アレンジを一切加えないWHITE ASHの音で再現した。演奏を終えると「のび太!」「山さん!」と会場の様々なところからメンバーの名前を呼ぶ声が上がり、「たかし!」と呼ばれた声にのび太は「いやいやそれ僕が家で飼ってる猫」と笑いが起こる場面も。先ほどのMCで、のび太が初めて訪れたファンにむけて話していた言葉がすぐに伝わったことを感じた。

20160714-audience.jpg

 その後、ギターを下ろしたのび太がマイクを握り「行けますか赤坂BLITZ!」と、観客を煽り「Paranoia」へ。メンバーがステージ上を駆け回り、フロアは手拍子や歓声が湧くなか、「Blaze」「Pretty Killer Tune」「Jails」とおなじみのナンバーで盛り上がりは最高潮を迎えた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版