Maydayの記事一覧

(14件)

 1997年に結成された中国のバンド。1999年のデビュー・タイミングから大きな注目を集め、2000年リリースのセカンドアルバム『愛情万歳』では、各音楽チャートの1位を独占。2001年8月には「GLAY EXPO 2001」に台湾代表として出演し、8万人の観客の前で共演を実現。2004年、半年にわたって、初のワールドツアーを開催。アメリカ、中国、シンガポール、マレーシア、香港、日本、台湾を巡った。2011年、台湾・台北アリーナでの連続7日間公演を含む、東南アジア、アメリカ、カナダ、オーストラリア等、でのワールドツアーを開催。同年リリースの最新アルバム「第二人生」では金曲賞6部門独占受賞。2012年4月には、史上初となる北京国家体育場(鳥の巣)で2日連続公演を開催。20万枚のチケットを即日完売。台湾金曲奨の「最優秀バンド」を4度受賞するなど、これまで受賞した音楽賞は国内外で150を超え、ライブ動員数は1,000万人を超える。デビュー以来からの活動を通し、アジアのスーパーバンドとしての地位を築き上げ、アジア全域で唯一無二の存在となっている。
オフィシャルサイト

Maydayが21年間人気を保ち続ける底力に触れた GLAYも登場の武道館公演レポ

Maydayが21年間人気を保ち続ける底力に触れた GLAYも登場の武道館公演レポ

DEEPが語る、『SING』にかけた結成10年の思い 「芯にあるものは“歌いたい”という気持ち」

DEEPが語る、『SING』にかけた結成10年の思い 「芯にあるものは“歌いたい”という気持ち」

Maydayが見せた、スタジアムバンドの風格と人懐っこさ ポルノ岡野昭仁も登場の武道館公演レポ

Maydayが見せた、スタジアムバンドの風格と人懐っこさ ポルノ岡野昭仁も登場の武道館公演レポ

いしわたり淳治が考える、Mayday対訳詞の面白さと難しさ

いしわたり淳治が考える、Mayday対訳詞の面白さと難しさ

Mayday、ポルノグラフィティ・新藤晴一が日本語詞担当の「Buzzin’」リリックビデオ公開

Mayday、ポルノグラフィティ・新藤晴一が日本語詞担当の「Buzzin’」リリックビデオ公開

Mayday、『自伝 History of Tomorrow』日本限定盤発売 ポルノとのコラボ曲含む全曲試聴も

Mayday、『自伝 History of Tomorrow』日本限定盤発売 ポルノとのコラボ曲含む全曲試聴も

愛するパートナーを失った2人を描くーートム・リン監督最新作『百日告別』公開決定

愛するパートナーを失った2人を描くーートム・リン監督最新作『百日告別』公開決定

Mayday、日本武道館2DAYS『Re:DNA ~2017 復刻版~』開催決定

Mayday、日本武道館2DAYS『Re:DNA ~2017 復刻版~』開催決定

Mayday、最新オリジナルアルバムの日本限定盤リリース 小林武史とのタッグ曲も収録

Mayday、最新オリジナルアルバムの日本限定盤リリース 小林武史とのタッグ曲も収録

Mayday、新曲「YOUR LEGEND 〜燃ゆる命〜」MV公開 テレビ出演も続々決定

Mayday、新曲「YOUR LEGEND 〜燃ゆる命〜」MV公開 テレビ出演も続々決定

Mayday香港公演レポートーー『Do You Ever Shine?』初披露、flumpoolのサプライズ出演も

Mayday香港公演レポートーー『Do You Ever Shine?』初披露、flumpoolのサプライズ出演も

Mayday、新曲が『トランスフォーマー博』テーマソングに 日本での積極的な展開続く

Mayday、新曲が『トランスフォーマー博』テーマソングに 日本での積極的な展開続く

Maydayが東阪でプレミアムライブを開催 2月からは3Dライブ映画も公開へ

Maydayが東阪でプレミアムライブを開催 2月からは3Dライブ映画も公開へ

台湾のMaydayが日本で本格始動 訳詞担当のいしわたり淳治が、ディープな歌世界を読み解く

台湾のMaydayが日本で本格始動 訳詞担当のいしわたり淳治が、ディープな歌世界を読み解く

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版