石原さとみ×シリアスドラマの相性は最高! 『Destiny』は心に残るシーンの多い作品に?

石原さとみ×シリアスドラマの相性は最高!

 2024年4月から始まるテレビ朝日系火曜ドラマ『Destiny』の主演が石原さとみに決定した。石原は『恋はDeepに』(日本テレビ系)以来、3年ぶりに連続ドラマに復帰することとなり、テレビ朝日系のドラマに出演するのは、2010年の『霊能力者 小田霧響子の嘘』以来、14年ぶりとなる。

 本作は、ドラマ『Dr.コトー診療所』(フジテレビ系)シリーズ、映画『涙そうそう』(2006年)などを手がけた脚本家・吉田紀子が、“検事”の世界を舞台に紡ぐ完全オリジナルのサスペンスラブストーリー。演出は、映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』、『潔く柔く』など、多数の作品を手がける新城毅彦が担当する。

 石原が演じるのは、「横浜地方検察庁」中央支部の検事・西村奏。中学生の時、検事の父を亡くしたことをきっかけに、母の故郷・長野県に移り住み、そのまま地元大学の法学部に進学。そして、そこで出会った4人の仲間たちと、司法試験に向け苦楽を共にする一方、恋に、喧嘩に、友情にと、キャンパスがある長野の雄大な自然に包まれながら、生まれて初めての“青春”を謳歌し、その絆を深めていた。しかし、司法試験資格のためのロースクール入試を間近に控えたある日、ある人物が死亡する事件が起き、彼らの運命は大きく狂っていく。

 それから12年の月日が流れ、舞台は長野から横浜へ。35歳、念願の検事になって6年が経った奏の前に、あの事件以来、消息不明だった同級生が現れ、再び“過去”と向き合うことに。数多くの疑惑に包まれた「大学時代の事件」と対峙したことをきっかけに、新たに見えてくる20年前の「父の死の真相」。そして仲間たちの秘密の顔、恋人との再会と、一見バラバラに見える出来事が、やがて一本の線でつながった時、物語は思いがけない方向へ突き進んでいく。

 『恋はDeepに』では海洋学者、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(2020年/フジテレビ系)では病院薬剤師、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(2016年/日本テレビ系)では校閲部員と、これまでさまざまな専門職の女性を演じてきた石原だが、本作では初の検事役に挑戦する。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる