BTS V、パク・ソジュン、チェ・ウシクら、ウガウガファミリーが牽引する韓国のエンタメ界

ウガウガファミリーが牽引する韓国エンタメ界

 韓国ドラマ好きやK-POPファンの間では有名な、仲良し同士のスター同士が結成したグループ“ウガウガファミリー”。

 そのメンバーは、『梨泰院クラス』で主人公のパク・セロイ役を演じて世界的ブレイクを果たしたパク・ソジュン、韓国のみならず世界的な人気を誇るビッググループ・BTSのメンバーV、『SUITS/スーツ〜運命の選択〜』などの名演で視聴者を魅了する俳優パク・ヒョンシク、映画『パラサイト 半地下の家族』で世界から注目を集め、ドラマシリーズ『その年、私たちは』出演で“いま最も期待される韓国俳優”と称されるチェ・ウシク、そしてシンガーソングライター/プロデューサーとして活躍、現在放送中のプロデューサーバトル番組『Listen-UP』でも人気を高めているPeakboyと、各分野の第一線で活躍する超売れっ子ばかり。

 今回は、そんなウガウガファミリーが歩んできた軌跡や、これまで見せてきた交流、メンバー5人の活躍っぷりなどについて改めて振り返る。

 彼らが親睦を深める大きなきっかけを作ったのは、メンバーの1人であるパク・ソジュンなのだそう。2012年のコメディドラマ『ファミリー』に出演した彼は、そこで共演したチェ・ウシクと意気投合。その後2016年のドラマ『花郎<ファラン>』で共演者パク・ヒョンシク、Vと友人関係に。そして、かねてからの友人であるPeakboyをそれぞれに紹介し、仲良しグループが結成されたということだ。

 “ウガウガファミリー”というグループ名は、「우리 가족인가?」(僕たち家族なのかな?)という言葉の頭文字を取った“ウガ”に由来しているそうで、Vは「ウガウガは、男5人で遊んだりご飯を食べたり、本当に気持ちが通じ合っているので“僕たち本当の家族なのかな?”って思ったんです。正直、(本当の)家族ではないけれど、そう思えるから、それで“ウガ”はどうかな?って聞いて、“ウガウガ”が生まれたんです」と、その誕生秘話を明かしていた。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

박서준(@bn_sj2013)がシェアした投稿

 メンバーのSNS上では、時折“ウガウガファミリー”で遊びに行った際のプライベートショットが公開されており、仲の良さが伝わっている。

 5人の共通点は、全員が韓国エンタメ界の中枢を担う若手俳優・アーティストであること。仲良しグループとして結びつきあうことにより、仕事上でも支え合う関係性を築いているあたりも特筆すべきポイントだ。

픽보이 (Peakboy) – 교포머리 (특별 출연 : 박서준, V of BTS, 최우식, 박형식, 한현민) [Music Video]

 例えば、昨年Peakboyがリリースした「キョポモリ」という楽曲のMVでは、ウガウガファミリーが総出演していたことでも大きな話題となり、公開初日で再生回数100万回超という記録を達成。これについてPeakboyは「再生回数が多かったです。謙遜じゃないけれど、僕が上手かったからとは思いません。周りの友人たちがたくさんサポートしてくれたからです。MVはともかく、その曲が出た後に僕のことをたくさん呼んでくれました」と、何とも謙虚なコメントを残している。(※1)

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる