スカーレット・ヨハンソン、MCUにどう復帰する? 考えられる3つの可能性

スカヨハ、MCUをどのようにプロデュース?

 スカーレット・ヨハンソンがマーベル・シネマティック・ユニバースに帰ってくると、米Deadline誌が伝えました。ただ、彼女が演じるブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフが復活するということではないようです。

 彼女はMCUが進めるトップシークレットのプロジェクトにプロデューサーとして参加するらしいのです。この話は、MCUを展開するマーベル・スタジオの社長で、一連のMCU作品のプロデューサーであるケヴィン・ファイギが認めました。実はヨハンソンは「American Cinematheque Award」という賞を受賞し、そのお祝いの席でケヴィンが祝福のメッセージを寄せた後、このプロジェクトの存在を語ったそうです。

 ご存じのように、一度『ブラック・ウィドウ』の公開をめぐりヨハンソンと配給は訴訟問題にまでなりましたが、その後和解しました。単なる和解だけではなく、MCUと新たなタッグを組むわけです。

『ブラック・ウィドウ』(c)Marvel Studios 2021

 それにしてもどういう契約内容なんでしょうか? まず現時点でわかっているのは、“役者としてMCUに出演する”というわけではないということです。また、このプロジェクトの内容は“ブラック・ウィドウとは関係ない”そうです。

 ただ、この意味は“ナターシャ版のブラック・ウィドウとは関係ない”というふうにも解釈できます。なにを言いたいかというと、フローレンス・ピュー演じる“エレーナ版の新ブラック・ウィドウ”映画なら、ヨハンソンが参加するという可能性もなくはない。しかし、ヨハンソンは『ブラック・ウィドウ』でエグゼクティブ・プロデューサーを務めていました。一方、今度のプロジェクトではプロデューサーとして参加すると言われています。『ブラック・ウィドウ』での参加なら、前回同様エグゼクティブ・プロデューサーを務める気もします。しかもわざわざ、“トップシークレットのプロジェクト”とケヴィンが言っているから、おそらく想定がつきやすい『ブラック・ウィドウ』ではないでしょう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる