関口メンディーの絶叫が会場を盛り上げる 片寄涼太は生歌唱に「いつものライブとは違う」

関口メンディーの絶叫が会場を盛り上げる

 映画『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-』のプレミア上映会&Special Liveが11月18日、東京・中野サンプラザで行われ、GENERATIONS from EXILE TRIBEメンバーが登壇。企画・プロデュースの別所哲也がMCを務めた。

 『CINEMA FIGHTERS project』は、EXILE HIRO、ショートショートフィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)代表の別所、作詞家・小竹正人の3人によって打ち出された、詩と音楽、映像を一つに融合するプロジェクト。第4弾となる本作は、短篇6作それぞれの主題歌からインスパイアされ生み出された物語に、GENERATIONS from EXILE TRIBE のメンバー全員が主演や主題歌で参加。SABU、新城毅彦、山下敦弘、森義隆、真利子哲也、久保茂昭の6名が監督を担った。

(左から)小森隼、白濱亜嵐、数原龍友

 それぞれが緊張な面持ちで挨拶をしていく中、数原龍友が「見渡す限り、“数原愛してる、数原愛してる”とタオルを掲げていただきありがとうございます」と話すと、メンバーから「違いますよ」と一斉にツッコみが。だが、「こっち(の観客)もそうですよ」とノッかる小森隼に、数原がサングラスを外して「あ~、ありがとうございます」と目を細めると、会場は笑いとともに穏やかなムードに包まれた。

佐野玲於

 『BLUE BIRD』に主演する佐野玲於は、「青髪ということで、(中務)裕太くんとキャラが被った」とおどけつつ、「狂気とユーモラスが混ざった作品を演じられておもしろかった」と、念願だったSABU監督とのタッグに充実の表情。弟役の醍醐虎汰朗について「気さくに話しかけてくれる無邪気な青年で元気をもらった」と話す一方で、「撮影はオール外ロケで、マジで寒くて死ぬかと思いました」と笑った。

白濱亜嵐

 『言えない二人』に主演するリーダーの白濱亜嵐は、「不思議ですね。GENERATIONS、7人一緒に主演で舞台挨拶する日が来るなんて」としみじみ。各作品のプロットを事前に読んだそうで、「どういうお芝居の引き出しを見せてくれるのか、すごく楽しみでした」と振り返り、「そんな演技ができるんだ! という発見もありました」と嬉しそう。とくに『怪談満月蛤坂』で料理人役を演じた中務の芝居に驚かされたようで、「裕太くんが衝撃的すぎて。また別の役も見てみたいと思った」と絶賛していた。

中務裕太

 その中務は、この作品を機に料理に目覚めたことを明かし、「お父さんとおじいちゃんが料理人だったので、自分の料理人の血が騒いだのかな」とも。劇中には妊婦姿のシーンがあり、「台本を読んで、僕が妊娠するのであってますか?って何回も確認した」と中務。ラブシーンについても「“体を重ねる”って書いてあるけど、僕であってますか?って、これも何回も確認した」と話すと、メンバーは「ほとんど疑問だったんだね」と大爆笑だった。

小森隼

 『水のない海』で人見知りの青年を演じる小森は、デビュー前から関係性のある久保監督から「今まで隼が出したことがない表情を撮りたい」と提案されたといい、ふだんの自分とは真逆の行動を取ることを意識して芝居に臨んだそう。劇中では中国語を話す女性とのやり取りがあるが、久保監督からは「調べたりせず、わからないままやってほしい」とリクエストされたと明かし、AIが話し相手という役柄もあり、「撮影中、ほとんど人と話してなくて、寂しくてしょうがなかった」と本音をこぼしていた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる