青柳翔×SWAY×純烈による“伝統”のダンスが! 『JAM -ザ・リサイタル-』東京公演レポート

『JAM -ザ・リサイタル-』東京公演レポ

 劇団EXILE(青柳翔、秋山真太郎、小澤雄太、鈴木伸之、町田啓太、小野塚勇人、SWAY、八木将康、佐藤寛太)全員がSABU監督の演出のもとに出演した映画『jam』、連続ドラマ『JAM -the drama-』。

 彼らが演じたキャラクター、世界観をそのままに舞台でパフォーマンスを行うハイブリットエンターテインメントショー劇団EXILE公演『JAM -ザ・リサイタル-』は、10月16日の東京エレクトロンホール宮城を皮切りにスタートし、11月10日、11日には、東京、有明の東京ガーデンシアターでの公演が行われた。

 11日には、『JAM -the drama-』に本人役で出演した純烈(酒井一圭、後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平)の面々もゲスト出演し、大いに会場をにぎわせた。

 純烈が登場したのは、リサイタルの後半。秋山真太郎、小澤雄太、小野塚勇人、八木将康、佐藤寛太が扮するエアボーカルグループ、BIRTHDAY BOYSの「NEED UR LOVE」のパフォーマンスが終わると、最新シングルの「君がそばにいるから」を披露。

 曲が終わると横山田ヒロシ(青柳翔)と港町タカシ(SWAY)が登場して、純烈とのMCのコーナーが始まる。純烈は、これまで数々のスーパー銭湯でのライブやテレビバラエティなどで培ったトークスキルを炸裂。

 会場の無数のペンライトを見た小田井は「普段、我々のファンの方が持ってるペンライトとは違うペンライト持っていて景色がすごい。中にはちらほら純烈ファンのペンライトの方もいらっしゃってびっくりです」と感慨深げに語る。

 『JAM -ザ・リサイタル-』を観た感想として白川は、「(青柳)翔さん、すごい大活躍ですよね」「腰、こんなふうに振ってはったよ」、後上「僕はさっき(青柳の)美脚にすごい驚いて。『アミーゴ!』って」、酒井「SWAYくんもDJぶわーやってはったよ」と青柳とSWAYのパフォーマンスを絶賛。

 それを聞いて、青柳が「(慣れていないと事前に言っていたのに)めちゃめちゃトークうまいじゃないですか(笑)」と返すと、酒井「ぼくらのライブ、だいたい半分はトークなんです」、小田井「セットリストってあるでしょ。我々話過ぎることがあるんで、3曲くらいカットすることがあるんですよ」とコメント。SWAYも「今日ももしよかったらこのまましゃべっていただいて……(笑)」と、他の日のステージにはない、かけあいが生まれていた。

 MCコーナーに続き、9月15日にシングルリリースされている、純烈 with 横山田ヒロシ、港町タカシの「今夜 涙じゃ帰れない」の話に。この6人でパフォーマンスするのはドラマの中で歌ったとき以来。このリサイタルが二度目で、生で歌うのは初めてとのこと。

 小田井が「いい曲やから、1回こっきりとかもったいないよね」と言うと、後上も「今日の皆さんの反応次第では、2回目、3回目がもしかしたら(?)できたらうれしいよね」と乗り気の発言が飛び出し、SWAYが「公演もこれから北九州、和歌山、大阪が控えているのでスケジュール次第で(出てほしい)」といきなり交渉する場面も。

 また酒井は、「今夜 涙じゃ帰れない」のパフォーマンスを前に「1番と2番の間の間奏の部分で、どうしてもやりたいことがある」と発言。「僕らはついていけばいいんですか?」とSWAYが困惑気味に聞くと、「ついてきていただいてけっこうです。なぜならそれは列車だから……」と小田井が意味深な発言。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる