鈴木伸之「テツオの成長が見られる作品」 映画『jam』とドラマ『JAM』の変化を語る

鈴木伸之、ドラマ『JAM』を語る

 劇団EXILEが総出演するドラマ『JAM -the drama-』(全8話)が、ABEMAで8月26日より独占無料放送を開始した。2018年に公開された映画『jam』以来、約3年ぶりとなるJAMプロジェクトが再始動し、ドラマの世界観そのままにステージを盛り上げる劇団EXILE公演『JAM -ザ・リサイタル‐』の実施も決定している。

 リアルサウンド映画部では、劇団EXILEメンバー全員へのインタビューを実施。第3回は本作で弾き語りにも挑戦した鈴木伸之が登場。(編集部)【インタビューの最後にはチェキプレゼントあり】

鈴木伸之インタビュー撮り下ろしカット全18枚

映像だけで伝わるSABU監督の世界観

――映画『jam』のその後がドラマになると聞いたときはどう思いましたか?

鈴木伸之(以下、鈴木):オリジナル作品なので、その先を進めようとすればいくらでも進められるとは思うんですよ。全編を無事に撮り終えて、こうしてみなさんに観てもらえるということは、すごくうれしいことだと思います。そして、このドラマを引っさげて、リサイタルという形で、興行をやらせてもらえるので、本当に楽しみにしていただけたらと思っています。

――鈴木さんの演じられる川崎テツオも、ドラマでは映画と違った印象になっています。

鈴木:視聴者の皆さんもいろいろ驚くだろうというところもたくさんあって、ドラマ『JAM』には新しい展開が盛りだくさんです。テツオの成長が見られる作品になっていると思います。

――今回、新しい姿を演じるに関しては、前のことを踏まえて、何か準備のようなことはされましたか?

鈴木:いやー、難しいですね。そんなに深く何か役を作っていったとかはなかったです。テツオが無口なのは無口ななりに、いろいろあると思うので、それは台本に書いてある台詞とト書きの通りにやりました。前回と今回のドラマとでは作品のテイストも違うので、同じ役だけれど、どうその変化を成立させるのか、そういうことは意識しながら演じました。普段は、割と自分からああしたいとか提案したりもするタイプなんですけど、今回は、まっさらな気持ちで、これでいいのかなと模索しながら取り組んでいたかもしれないです。

――映画のときは、何も言わずに鬼気迫る感じのアクションがありましたが、今回も立ち回りのようなシーンもあって。

鈴木:アクションは今回もやらせてもらって。まあ、気持ちは前回と一緒ですね。ただ自分の敵だと思う人に向かっていった、それだけです。

――どんなことを思いながら撮影に臨んでいましたか?

鈴木:とにかく独特の作品を撮っているという感じがあったので、みなさんに観てもらうときに、楽しむためのポイントができればいいなと思いながら撮影をしていました。

――テツオが劇中で歌う曲に歌詞をつけたのもSABU監督です。記者会見ではSABU監督が、鈴木さんの歌声に感動して涙が出そうになったとコメントされていました。

鈴木:SABU監督からは特に演技に関して何か言われるということはなかったんです。とにかく、僕の演じるテツオの場合は、余計な味付けとか色付けとかは必要ないと思ったので、あまり考えすぎずに撮影させてもらいました。SABU監督の作品って、日本の人の方にももちろん向いているけれど、海外の方が見ても、すごく印象的な映像になってると思うし、なにかしら反応してくれるような面白さがあると思うんですね。ある意味、ミュージックビデオのように、言葉に頼らない、映像だけでも伝わるようなところもあるのかなと思いました。

鈴木伸之が自身初のソロラブソング「君のすべてに僕はなる」を披露!劇団EXILE初連続主演ドラマ『JAM -the drama-』特報映像解禁!

――弾き語りを披露されていますが、もともとギターはやっていたんですか?

鈴木:いや、そんなこともなくて、練習をしまして。撮影に入るまでに教えてもらったり、自分でも時間のあいたときに自主練習したり。

――リサイタルでも見られることを期待している人も多そうですね。

鈴木:それも現時点ではぜんぜんわからないですね。歌わないかもしれないし!? でも、何らかの形になって皆さんに見てもらえると思うので、楽しんでもらえるリサイタルになったらと思っています。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる