町田啓太「タケルを新鮮に思ってもらえたら」 SABU監督と攻めたギリギリのライン

町田啓太、ドラマ『JAM』を語る

 劇団EXILEが総出演するドラマ『JAM -the drama-』(全8話)が、ABEMAで8月26日より独占無料放送される。2018年に公開された映画『jam』以来、約3年ぶりとなるJAMプロジェクトが再始動し、ドラマの世界観そのままにステージを盛り上げる劇団公演『JAM -ザ・リサイタル‐』の実施も決定している。

 リアルサウンド映画部では、劇団EXILEメンバー全員へのインタビューを実施。第2回は映画『jam』よりさらに過激さを増したキャラクター、タケルを演じた町田啓太が登場。(編集部)【インタビューの最後にはチェキプレゼントあり】

町田啓太インタビュー撮り下ろしカット(全18枚)

『JAM』では“新鮮”な町田啓太の姿が

――『JAM -the drama-』では、町田さん演じるタケルが、映画『jam』のときより、さらにすごいことになってますね。

町田啓太(以下、町田):ちょっと曲がった狂気というか……。

――意図していないのに、モンスターみたいになってしまっているところもあって。

町田:映画の場合は、その「意図せず」というのが顕著に出ていたと思うんです。悪気がないのに人をトラブルに巻き込んでしまうキャラクターだったんですけど、今回は彼女への執着心とか欲望的なところも出てくるので、「よかれと思って」というよりも、より狂気じみてしまっているというか……。だから、視聴者の皆さんには、気持ち悪く思って、それで笑ってもらえるんじゃないかと思います。「こんなシーンやってもいいのかな?」と躊躇してしまったシーンもあって、僕としては、心が痛くなりながら演じているところもあったりしたんですけど、そこも新鮮に観てもらえるかもですね。

――ちゃんと笑いになっていたと思いました。やりすぎてもいけないし、匙加減が難しかったのでは?

町田:それはもう、SABUさんに逐一お話させてもらって。塩梅についても話したし、演技をよく見て、ディレクションしてくださったので、僕は思うがままにやってみて、そこから軌道修正して、という繰り返しでした。

――最初にやるときは、強めに表現したとか、そうでなかったとか、どちらにふってたんですか?

町田:強弱というよりも、例えば、タケルが芸能事務所を設立するシーンで、それが思い付きで言っているのか、もっと後々までのことを考えて言っているのか、そのどちらかでテンションが変わってしまうので、これが難しかったですね。最初は、思惑を見せないように演じてみたんですけど、SABUさんと話してみて、少しは何か思惑があるように見せておこうかということになりました。このドラマって、後になって見えてくることがすごく多いんです。それを逆算しながら決めていきましたね。

――今回、劇団EXILE全員でいるシーンも多かったですし、アメリカのギャング映画のようなスタイリッシュでかっこいい場面もありました。

町田:バックショットで撮っているシーンなどもSABUさんらしかったですね。SABUさんは、動きがあるときはカッコよく見えるように照明も凝ったり、スモークを炊いたり、何回も試していて、芝居がしっかりあるところよりも、テイクを重ねたかもしれないです。

――前回から時間が空いて、再会したSABU監督と話してみて印象的だったことは何ですか?

町田:時間が空いていたので、僕自身も、タケルのことを思い起こしたりしないといけなくて、すごく苦労したんです。でも、「ここはちょっと違ったかな?」ってところに対しても、SABUさんが率直な感想を言ってくれるのもうれしかったです。前回もそうですけど、SABUさんがそれぞれの魅力と本人がマッチした役を書いてくれているので、それについて「前回からプラスアルファしてくれて、自分でも思ってもみなかった設定もあって、すごいと思いました!」って新人みたいな感想を言ってしまったんです(笑)。SABUさんが、「みんな、ひとりひとり、何かをつかみ取ってほしいし輝いてほしいから、一生懸命考えたんだよね」って、ちょっと恥ずかしそうにしながら言われたりしていて。ほんとに優しい方だなと思いました。そんな優しいSABUさんが作る作品だけど、ちょっと不穏な空気が漂ってるところもあるし、湿気もあるし、でもクスっと笑える。そういう独特なSABUさんならではの考えがあってできている作品なので、不思議なところもあるし、でもあったかい気持ちにもなるんですよね。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる