SWAYが“港町タカシ”として歌う上で意識したことは? 劇団EXILEの関係性を語る

SWAY、ドラマ『JAM』を語る

 劇団EXILEが総出演するドラマ『JAM -the drama-』(全8話)が、ABEMAで8月26日より独占無料放送を開始した。2018年に公開された映画『jam』以来、約3年ぶりとなるJAMプロジェクトが再始動し、ドラマの世界観そのままにステージを盛り上げる劇団EXILE公演『JAM -ザ・リサイタル‐』も10月16日より開催される。

 リアルサウンド映画部では、劇団EXILEメンバー全員にインタビュー。第8回は港町タカシを演じるSWAYが登場する。(編集部)

“港町タカシ”として歌う楽しさ

――『JAM』がドラマになると聞いたときの心境は?

SWAY:『jam』の映画が上映された頃、イベントに登壇したとき、HIROさんからのビデオメッセージが流れたんです。そのときに、「第2弾やります」って聞いたので、何かしらの形で第2弾があることは覚悟していました。それが、どういう形なのかは予想できてなかったけど。だから、今回の発表もそこまで驚きはなかったですね。

――港町タカシが演歌を歌うということに驚きは?

SWAY:実は『jam』のときに、台本上に、タカシがマイクを拾うというシーンは書かれていたんですけど、僕がアドリブで、横山田ヒロシさんの曲を歌ったんですよ。そこをSABUさんが使ってくださって。エンドロールが流れたあとで、僕が歌ってるシーンが流れてるんですね。あのとき、僕はこれで完結するんだと思っていたのでアドリブで歌を歌ったんですけど、HIROさんが第二弾をやりますて言ったときに、ヒヤっとして(苦笑)。自分はとんでもないアドリブをしてしまったなと。

――確かに、誰もいないステージでマイクを拾って歌うシーンがばっちりありましたもんね。映画の流れを自分で作ってしまったという意味での「ヒヤっとした」なんですか?

SWAY:そうですね。流れを作ってしまったとか、大変なことをしてしまったという気持ちと、このアドリブをやったことで、続編があったら演歌歌手という役をすることになるのではないかと。もしそうなったら、できるんだろうかっていう不安もありました。そしたら案の定、『JAM -the drama-』に演歌歌手として登場することになって。

――それは台本を読んだときに知ったんですか?

SWAY:台本では八代亜紀さんとか純烈さんの名前は出てきたんですが、まさかここまで自分が絡むことになるとはと。

――台本を読んでから撮影までの期間はどうでしたか?

SWAY:割と期間はあいてたんですけど、ありがたいことに他の仕事がけっこう入っていたので、いい意味で緊張感を感じながら、『JAM』のことも考えていました。それと、レコーディングが先行していたので、準備ができて助かりましたね。

――レコーディングしてみてどうでしたか?

SWAY:普段のアーティスト活動としてやっているレコーディングとは違って、すごく楽しかったです。演歌のレコーディングのエンジニアさんが担当してくれたので、自分たちがやってる録り方とは違って、こんな録り方もあるんだって思いながらレコーディングに臨みましたね。歌い方も、「こういう気持ちで歌ってみてください」とか「角を削った歌い方をしてみてください」とかの指示もされたり。それをお渡しして組み立ててもらう感じでした。普段は自分たちで曲を作って、歌い方やアプローチも自分たちで設計するので、他の方にディレクションをしてもらうこと自体も久しぶりでしたし、自分自身が歌うのではなく、港町タカシというキャラクターをイメージしながら歌うというのも楽しかったです。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる