重いテーマの物語と笑いや胸キュンシーンの絶妙なバランス 時代劇×ロマンスの融合『恋慕』

『恋慕』は時代劇×ロマンスの融合

 Netflixにて独占配信中の韓国ドラマ『恋慕』。世子の妃(ハン・チェア)が双子の男女を出産したが、王命によって女子を殺さなくてはならなかった。そして、宮廷の外に連れ出された王女は生き別れ、殺された兄になりすましてイ・フィの人生を送る使命を背負うことに。それから、彼女は自分の正体や恋心を隠し、激動の生涯を過ごしていく。

 日本では近年、時代劇の放送が少ないにもかかわらず、韓国ドラマでは定番なおかつ人気のジャンルである時代劇。特に役者たちが馬に乗った姿や豪華な衣装や壮大な建物は時代劇特有で、ドロドロした権力争いも見どころだが、ラブコメとも相性抜群だ。このような重いテーマの物語と、その合間に入る笑いや胸キュンシーンの絶妙なバランスが視聴者に安らぎを与え、楽しませている。

 とりわけ、『恋慕』ではイ・フィ(パク・ウンビン)の教育係であるジウン(キム・ロウン)に対する素直でない言動や、彼女を包み込むようなジウンの真面目で心優しさに加え、2人のコミカルな掛け合いがそれに当たる。また、2人と同様に主要な登場人物であるヒョン(ナム・ユンス)の存在がロマンスパートに勢いをつける。彼はフィの従兄弟でありながらジウンの友人。フィが女人であることを知りつつ彼女に恋心を抱いているのだ。

 王宮の権力争いはとにかく過激で、身内同士であっても鎬を削り合う。その中で注目すべきはフィの対抗するために、フィが女人であると勘づいて尻尾を掴もうとするチャンウン君(キム・ソハ)の行動だ。彼はフィの正体を暴こうと策略を巡らせたが、フィの護衛を務めるガオン(チェ・ビョンヤン)がそれに気づき、危機を逃れた。この時、ガオンはフィを守るのに刀を抜き取り、華麗な剣さばきを見せる。ガオンの凛々しい表情とひたむきに使命を遂行する姿に多くの視聴者が魅了されたことだろう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる