『イカゲーム』『海街チャチャチャ』とのギャップを楽しむ Netflix配信中お仕事系韓ドラ4選

Netflix配信中のお仕事系韓ドラ4選

 Netflixでの配信開始以来1ヶ月で全世界の1億4200万世帯が視聴した特大ヒット作『イカゲーム』や、日本でも視聴ランキング上位に入り続けている『海街チャチャチャ』など、韓国ドラマの裾野は確実に広がっている。昨今韓国で人気が高いドラマは、日本における韓ドラブーム第一波の『秋の童話』(2000年)、『冬のソナタ』(2002年)の頃とは異なり、より現実味のある等身大のキャラクターが、特殊な業界で社会人として悩み成長する姿が描かれるものが多い。今年人気を博した『賢い医師生活』や『D.P. 脱走兵追跡官』もそのジャンルに入る。11月1日から配信となる『恋愛ワードを入力してください~Search WWW~』など、仕事と成長が軸になっているNetflix配信中の韓国ドラマ4作品と関連作品をご紹介。

ミスリードな邦題に注意!『恋愛ワードを入力してください~Search WWW~』(2019年)

20211101-korea-02
20211101-korea-03
20211101-korea-04
20211101-korea-05
20211101-korea-06
20211101-korea-07
previous arrow
next arrow
20211101-korea-02
20211101-korea-03
20211101-korea-04
20211101-korea-05
20211101-korea-06
20211101-korea-07
previous arrow
next arrow

 原題の直訳は『検索キーワードを入力してください WWW』、英題は『Search WWW』なのだが、必要以上にラブコメ感を打ち出したローカライズが残念。もちろんラブもあるが、恋も仕事も自ら切り開く主人公たちは恋愛ワード(ってなんだろう?)を検索したりはしなそうだ。

 検索エンジンポータルサイト市場トップのユニコーンの戦略担当部長ペ・タミ(イム・スジョン)が、政治的陰謀に巻き込まれ失職するところからドラマが始まる。屈辱的解雇と同時に出会うのが、ゲーム音楽の作曲家パク・モゴン(『マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~』『甘酸っぱい』のチャン・ギヨン)と、ライバル企業バロの個性的なチームメイトたち。政略結婚したユニコーンの代表理事ソン・ガギョン(『秘密の森 シーズン2』のチョン・ヘジン)、バロの猪突猛進型ソーシャル本部長のスカーレット(イ・ダヒ)と、思慮深く静かな熱意を持ったタミの三者三様の仕事観と恋愛・パートナー観が描かれ、彼女たちが築く淡白なシスターフッドも良い。

 世間の大多数はインターネットを使用し、検索エンジンに表示される急上昇ワードが世論を動かす。もしも莫大なデータを収集するプラットフォームが、検索ワードを操作していたら……。今作は2019年6月に韓国で放送されたドラマだが、テック企業が世論を操れる現状を可視化させ、視聴者に職業倫理や政治意識をやんわりと突きつける。世界中に行き渡ったSNSによって民衆心理が操作されると、やがては扇動にもつながりかねない。2021年1月6日にアメリカ合衆国議会議事堂襲撃事件が起きたように。韓国ドラマではないが、ネット社会の闇に切り込んだドキュメンタリー『監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影』が2020年1月のサンダンス映画祭で初披露されたタイムラインを考えると、このドラマの着眼の確かさとスピード感は特筆すべき点だ。社会派ドラマではなく仕事と女性の観点を取り込みスタイリッシュな映像と音楽でまとめ、説教くささを省くことに成功している。

 『マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~』(2018年)、『甘酸っぱい』(2021年)、『秘密の森 シーズン2』(2020年)、『監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影』(2020年)もNetflixで配信中。

『イカゲーム』のダメ中年男と『海チャ』の歯科医の共演作『補佐官』(2019年)

20211101-korea-08
20211101-korea-09
20211101-korea-10
20211101-korea-11
20211101-korea-12
previous arrow
next arrow
20211101-korea-08
20211101-korea-09
20211101-korea-10
20211101-korea-11
20211101-korea-12
previous arrow
next arrow

 まるで韓国版『ハウス・オブ・カード 野望の階段』といった風情もある『補佐官』は、警察大学首席卒業のエリート警察官が国会議員の首席補佐官となり、自ら社会に変革をもたらすべく策略を練る物語。『イカゲーム』で世界的に顔が知られるようになったイ・ジョンジェ(『サバハ』)が、正義感を野望で隠し、目的のために手段を選ばずまい進するチャン・テジュン補佐官を演じる。テジュンを公私共に支える国会議員を、『海街チャチャチャ』で都会から地方へ移動し生き方の軌道修正を図る歯科医師を演じたシン・ミナ(『明日、キミと』)が好演。二人の主演俳優の最新作との演技の幅を観るだけでも価値がある。テジュンが師事する強欲を絵に描いたような大物議員ソ・ヒソプを『賢い医師生活』で毒気の抜けた病院理事長を演じていたキム・ガプス、ソ議員の公務員出身補佐官を『刑務所のルールブック』で強面だが人情味あふれるペン部長を演じていたチョン・ウンインが演じている。

 2シーズンに渡り制作された今作の見どころは、忍耐のシーズン1と覚醒のシーズン2。理性と信念を武器に、虎視淡々とチャンスを狙うテジュンは青瓦台を動かすことができるのか……。

 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(2013年~2018年)、『イカゲーム』(2021年)、『サバハ』(2019年)、『海街チャチャチャ』(2021年)、『明日、キミと』(2017年)、『賢い医師生活』(2020年~2021年)、『刑務所のルールブック』(2017年)、もNetflixで配信中。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる