ハビエル・バルデムとエル・ファニングが父娘役で初共演 『選ばなかったみち』公開決定

J・バルデム×E・ファニング初共演作公開へ

 第70回ベルリン映画祭コンペティション部門に出品された『The Roads Not Taken(原題)』が、『選ばなかったみち』の邦題で2022年2月25日に公開されることが決定した。

 ニューヨークに住むメキシコ人移民レオ(ハビエル・バルデム)は作家であったが、認知症を患い、誰かの助けがなくては生活はままならず娘モリー(エル・ファニング)やヘルパーとの意思疎通も困難な状況になっていた。ある朝、モリーはレオを病院に連れ出そうとアパートを訪れる。モリーが隣りにいながらもレオは、初恋の女性と出会った故郷メキシコ、作家生活に行き詰まり一人旅をしたギリシャへと彼女とは全く別々の景色をみるのだった。

 『DUNE/デューン 砂の惑星』や『ノーカントリー』のハビエル・バルデムがレオ役、『ネオン・デーモン』『マレフィセント』シリーズのエル・ファニングが娘モリーを演じ、父娘役で初共演を果たした。そのほか、『マイ・ライフ、マイ・ファミリー』のローラ・リニー、『エターナルズ』のサルマ・ハエックらが脇を固める。

 監督を務めたのは、『耳に残るは君の歌声』『ジンジャーの朝〜さよなら、わたしが愛した世界』を手がけたイギリスの映画監督サリー・ポッター。実弟の介護経験から着想を得て自身で脚本も手がけた。

■公開情報
『選ばなかったみち』
2022年2月25日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
監督・脚本:サリー・ポッター
出演:ハビエル・バルデム、エル・ファニング、ローラ・リニー、サルマ・ハエック
配給:ショウゲート
2020年/イギリス・アメリカ/英語/86分/カラー/スコープ(シネスコ)/5.1ch/原題:The Roads Not Taken/日本語字幕:稲田嵯裕里/G
(c)BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE AND AP (MOLLY) LTD. 2020



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる