ダニエル・クレイグ版ボンド15年の歴史 一人の男の“愛を巡る旅路”として振り返る

クレイグが演じたボンドの男としての軌跡

 ジェームズ・ボンドという、一人の男の物語の幕が閉じた。2006年の『007/カジノ・ロワイヤル』にはじまり15年もの間ダニエル・クレイグが体現してきた、ボンド像。歴代初の金髪であり、どちらかと言えば悪者顔とも言えるクールな顔つき。しかし蓋を開けてみたら、これまでのボンドの中で最も人間臭く、感情移入しやすいキャラクターとして物語を魅せてきた。あらためて、クレイグ版ボンドの完結に敬意と労いを表して彼の旅路を振り返ってみたい。

ダニエル・クレイグの軌跡を辿る特別映像

『007/カジノ・ロワイヤル』で見つけ、失った愛

 クレイグ版ボンド作品の最も大きな特徴は、これまでの『007』作品と違ってそれぞれが直接的に話の繋がっている続編として作られていることだ。そして、栄えある第1作目の『カジノ・ロワイヤル』は彼が文字通り殺しのライセンスを獲得し、00エージェントとして出発した“ジェームズ・ボンドとしての始まり”からしっかり映されている。モノクロームで描かれる、二人目の殺しの場面。このオープニングシークエンスには、これまでの『007』映画の歴史への敬意が感じられる。

 この新ボンドは、言ってしまえば歴代のボンドの中で一番“冷たい”印象だった。初の金髪であり、なによりショーン・コネリーやピアース・ブロスナンらと比べると、クレイグはクールフェイスで、どちらかと言うと敵役で登場してくるキャラクターのような雰囲気さえあった。それくらいスマートな風貌と表情なのに、過去一人間臭いボンドというのがクレイグ版ボンドの憎さである。

 『カジノ・ロワイヤル』では爆弾密造人による空港爆破計画から、ボンドはル・シッフル(マッツ・ミケルセン)に辿り着く。世界各国のテロ組織から金を預かり、マネーロンダリングしていた彼が空港テロに失敗したことで資金を作りに参加するカジノに、ボンドはマネーロンダリング対策をする金融活動部のヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)とともに挑むことに。

 このとき、ボンドとヴェスパーは最初から良いムードとは言い難かった。お互いに「お前なんかタイプじゃない」「私もごめんよ」なんて小言を言い合っている。ただ、そんなふうにいがみ合っている男女が結ばれるのはお約束。もはや『カジノ・ロワイヤル』での二人のやりとりは、少女漫画のそれだ。嫌味を言っていた相手と任務のために偽装夫婦になり、「夫婦だから」という理由で不意に熱いキスをされる。「なっ、なによ……」とか思っているうちに、敵と対峙。戦闘がはじまるとボンドはヴェスパーを守る。目の前で死闘が繰り広がられたことで怯えきってシャワーで泣く彼女を、同じように湯に打たれてずぶ濡れになりながら、そっと肩を抱いて安心させるボンド。いや、少女漫画か。

 「好きの反対は無関心」なんて常套句だが、実際には「嫌い」も「好き」と同じで、相手に強い感情または関心を抱いていることに変わりはない。歴代の『007』映画でもボンドガールは大概がボンドと最初は敵対関係にあるものの、彼と恋仲になってそのせいで殺されてしまうものだった。残念ながら、本作も例外ではない。ふたりは結ばれ、ラブラブの状態でイタリア旅行に。しかし、そこで実はヴェスパーが裏切っていたこと、そして罪悪感に耐えられなくなった彼女が自分の目の前で自決するという二重の悲劇が起きてしまう。ボンドという男に深いトラウマを植えつけるには十分の出来事だった。

 そう、その後『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』まで続くボンドの物語は、彼の愛の喪失とトラウマにはじまり、愛の獲得とトラウマの克服で幕を閉じるのである。

『慰めの報酬』『スカイフォール』 恋愛休止期間に立ち戻る自身のルーツ

『007/慰めの報酬』(c)2008 DANJAQ, LLC, UNITED ARTISTS CORPORATION AND COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.. All Rights Reserved

 トラウマ的な失恋を経験すると、誰にとってもすぐに次の恋をはじめることは難しい。気を紛らせるための行きずりの関係ならまだしも、それが本物の愛に変わることは早々ないものだ。続編となる『007/慰めの報酬』は、ヴェスパーを失って心に傷を負ったボンドを描く。必ずどの作品でも女性といたしているボンドだが、本作では自分を呼び戻すために派遣されたストロベリー・フィールズ(ジェマ・アータートン)と、その次の続編『007 スカイフォール』ではマカオで出会ったセヴリンと慰めの行為にふけった。セヴリン(ベレニス・マーロウ)に関しては、シャワー中の彼女の背後から全裸で突然登場するなど、もはや性犯罪なのではと思ってしまうほど、正気を失ってしまっているボンド。やるせないのが、どちらの女性も直後に悲惨な死を遂げていることだ(フィールズは全身石油まみれ、セヴリンは射殺)。

 さて、完全に恋愛オフ期だった彼は、その間に『スカイフォール』で自分自身の過去に向き合うことになる。本作は冒頭の作戦でマネーペニー(ナオミ・ハリス)の撃った銃弾が当たり、峡谷にボンドが落ちるところから始まる。彼は一命を取り止めて南国の島でひっそり暮らしていた。しかし、MI6が認知したように00エージェントとしては一度“死んだ”ところからスタートし、生家「スカイフォール」に立ち返りながら、本作でこれまで負った傷、トラウマ、死を乗り越えて“生き返る”のだ。

 このようにボンドのオリジンに触れる点も、クレイグ版の新しさであり、観客が彼の演じるボンドに対してより人間的に理解できる仕掛けになっていた。また、恋愛ではないが作品全体が“母親”的な存在とも言えるMをめぐった事件ということで、やはり彼の物語が女性を中心に描かれていることがわかる。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる