中島健人と松本穂香の出会いと別れ Netflix映画『桜のような僕の恋人』ティザー予告公開

 2022年3月24日に配信されるNetflix映画『桜のような僕の恋人』のティザー予告とティザーアートが公開された。

 Sexy Zoneの中島健人と松本穂香が共演する本作は、累計発行部数60万部を超える宇山佳佑の同名恋愛小説をNetflix映画として映像化するラブストーリー。中島が主人公・朝倉晴人役、松本が有明美咲役を務める。

 美容師の美咲(松本穂香)に恋をした晴人(中島健人)は、勇気を出して彼女をデートに誘う。目標に向かって頑張る美咲にふさわしい人間になるべく、諦めかけていたカメラマンへの夢を叶えるため、再びカメラと向き合うことを決意する晴人。しかし、美咲は「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症する。好きな人と同じ速度で歳月を重ねることができないという現実を前に、晴人と美咲が出した“二人の歩み方”とは。

 ティザーアートでは、鮮やかなピンク色の桜を背景に、写真の中の晴人と美咲が幸せそうな表情を見せる様子が切り取られている。

 ティザー予告は、「始まりは耳たぶだった」というセリフとともに、カメラで撮影する晴人(中島健人)の耳たぶが映し出されるシーンから始まる。晴人の耳たぶをあやまって切ってしまい、「私の不注意です、なんでも言ってください」と泣いて謝る美容師の美咲(松本穂香)に対して、晴人は一言「じゃあ、僕とデートしてください」と語る。こうして桜の木の下で2人の恋は始まった。

 嬉しそうに電話をする2人。美咲の美容院に足繁く通う晴人。「僕はあなたを好きになれてよかったです。」「私もあなたを好きになりたいです。私でよかったらつき合ってください。別れ際の閉まる電車の扉越しに返事をする美咲。誰もいない夜明けの渋谷。デートで写真を撮ったり、バスで手を繋いで眠ったり、お祭りでキスをする2人の様子が映し出される。

 しかし、「美咲さん、僕らは出会ってほんの少しだけど、過ごした時間は全部幸せな時間でしたね」というナレーションから場面が変わり、美しい桜の映像とともに、「ねぇ、晴人くん。ずっと一緒に歳をとって行ければよかったのにね」「僕は春が来ると、君のことを思い出すんだ。桜のような僕の恋人を」と別れを予感させるセリフが流れ、号泣する晴人の姿が映し出される。

■配信情報
Netflix映画『桜のような僕の恋人』
Netflixにて、2022年3月24日(木)全世界同時配信予定
出演:中島健人、松本穂香
原作:宇山佳佑『桜のような僕の恋人』(集英社文庫刊)
監督:深川栄洋
脚本:吉田智子
撮影:柳田裕男
照明:宮尾康史
録音:豊田真一
美術:黒瀧きみえ
エグゼクティブ・プロデューサー:高橋信一(Netflix)
プロデューサー:春名慶(博報堂DYミュージック&ピクチャーズ)、川田尚広(TOHOスタジオ株式会社)
制作会社:TOHOスタジオ株式会社
Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/桜のような僕の恋人



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる