八木将康が明かす劇団EXILEの阿吽の呼吸 「SABUさんに怒られる寸前だったことも(笑)」

八木将康、ドラマ『JAM』を語る

 劇団EXILEが総出演するドラマ『JAM -the drama-』(全8話)が、ABEMAで8月26日より独占無料放送を開始した。2018年に公開された映画『jam』以来、約3年ぶりとなるJAMプロジェクトが再始動し、ドラマの世界観そのままにステージを盛り上げる劇団EXILE公演『JAM -ザ・リサイタル‐』も10月16日より開催される。

 リアルサウンド映画部では、劇団EXILEメンバー全員へのインタビューを実施。第6回は八木将康が登場。(編集部)【インタビューの最後にはチェキプレゼントあり】

八木将康インタビュー撮り下ろしカット

「SABUさんに怒られる寸前だったこともありました(笑)」

――JAMの企画が再開すると聞いてどう思われましたか?

八木将康(以下、八木):もともとHIROさんのほうから、JAMの続編をやりますということは聞いていまして。だから、それがやっときた!という感じでした。そもそも、劇団EXILE全員でなにか一つの作品を作るということはめったにないので、すごくうれしかったですね。

――HIROさんから、何か言われたことは?

八木:劇団=「JAM プロジェクト」という感じで、映画とドラマだけじゃなくて、それ以外にもやっていきたいね、大きくしていきたいねということは聞いていましたね。

――『JAM -the drama-』の台本を読んだときはいかがでしたか?

八木:先が読めなさ過ぎて、こんなことにまでなるかと思いました。映画のときはアウトローな感じでやってきましたけど、ドラマになったら急にSFみたいなことも入ってきたりして、ここまで世界が広げられるんだと勉強になったというか。イメージしてきたものが想像以上に膨らんできたので、読めば読むほど、「この後どうなるんだろう」って、本当に面白かったですね。

――八木さん演じる金城タローは、意外なことがたくさん起こる人物ですよね。

八木:まさかね、超能力が使えるようになるとは思ってなかったし、それはこの後の展開にもかかわってくるので、楽しみにしていてほしいですね。超能力が使えるようになった理由も、前回の映画と繋がっていますしね。

――役がどんどん変化していくことに難しさはなかったですか?

八木:そこはあんまり難しく考えずに演じていました。もともとアウトロー路線なんだけど、どんどん変わっていくことへの戸惑いもいい感じで出たのかなと思いますし、アウトローであるっていう軸もブレずににやっていくのがいいのかなと思っていたので、そんなに苦労していないですね。苦労したといえば、リアルにダンスの稽古をしたので、そこですかね。1カ月半くらいずっと練習してたんで、そこはリアルです。

――最初はたどたどしいところから成長していきますもんね。

八木:そうなんです。

――八木さんとダンスというのは?

八木:もともとEXPGに通っていたので、ダンスをやってなかったわけじゃなかったので、苦手意識はないんですけど、最近はずっと踊ってなかったのもあって、怖い部分もあったんです。でも1カ月半練習をしたので、なんとかいけたような気がします。

――それぞれのダンスはいかがでしたか?

八木:いかんせん劇団のメンバーって個性が強いので、最初の振り付けの段階が一番、全員の息が合ってたんですよ。でも、完璧に振り付けを覚え出すと、だんだんクセが出てきて合わなくなっていくんですよね(笑)。最後には修正したんですけど、そんなところが劇団らしいなと思いました。JAMで皆が演じるキャラも個性が強いので、そんなところもリアルだなーと思いました。

――皆さんのダンスのクセはどんな感じだったんですか?

八木:秋山(真太郎)さんが一番、スタンダードできれいなんですよ。で、(佐藤)寛太は一番ダンスができるんで、彼はニュアンスでしか踊りませんから、一番クセが強いかもしれないですね。

――よくアイドルでも、上手い人がちょっと力を抜いて雰囲気とかを一番出せたりするようなのありますね。

八木:それで小澤(雄太)さんもブレイクダンスをやってたんで、僕らのともジャンルが違うからまたクセが強いし、小野塚(勇人)は、なんだろうな。なんか癖があるんですよね。僕はめちゃくちゃスタンダードじゃないですかね、教えられた通りで、手の角度がこうって言われたら、ほんとに同じ角度で踊ろうとしていたので、個性とかクセはなかったかもしれないですね。だから秋山さんと合ってたかもしれないですね。

――そもそも、自分たちがBIRTHDAY BOYSになるというのは、台本で知ったんですか?

八木:そうです。台本を読んでいて、ユニットつくるんだ!?って。BIRTHDAY BOYSのシーンでは、先生のえんどぅさんがめちゃくちゃもしろくて。で、僕と小野塚がゲラなんで、笑いをこらえるの必死でした。先生が、要所要所でアドリブを入れてくるので、笑いが堪えられなくて、SABUさんに怒られる寸前だったこともありましたね(笑)。

――ちょっと堪えているのが出てた感じもしましたね。

八木:あれはガチでしたねー。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる