秋山真太郎、JAMプロジェクトの魅力を明かす 「これで終わらないだろうという感じ」

秋山真太郎、ドラマ『JAM』を語る

  劇団EXILEが総出演するドラマ『JAM -the drama-』(全8話)が、ABEMAで8月26日より独占無料放送を開始した。2018年に公開された映画『jam』以来、約3年ぶりとなるJAMプロジェクトが再始動し、ドラマの世界観そのままにステージを盛り上げる劇団EXILE公演『JAM -ザ・リサイタル‐』も10月16日より開催される。

 リアルサウンド映画部では、劇団EXILEメンバー全員へのインタビューを実施。第5回はリーダー、秋山真太郎が登場。(編集部)

予想外過ぎたBIRTHDAY BOYSとしてのデビュー

――『JAM -the drama-』の企画について知ったとき、どういう心境でしたか?

秋山真太郎(以下、秋山):まさかドラマになるとは予想していませんでしたが、最初からプロジェクトとして続くということは念頭にあったことなのでそこに対しての驚きはなかったです。でも、あの映画の世界がドラマになるのかっていうのは驚きでした。

――台本を読んだときも驚きがあったのではないでしょうか。

秋山:何稿か変わっていく台本を読んでいたんですけど、最初の台本を読んだときからぶっとんだ展開だなという印象はありました。自分の役に関しては、BIRTHDAY BOYSとしてデビューするという展開が面白いし、やっぱり驚きでした。踊るってことも台本で知りましたね

――そのままリサイタルになるということですけど、そこはいかがですか?

秋山:生でパフォーマンスすると考えると大変ですね。けっこう振りが激しいところもあるので、1曲、通して踊るだけで僕はヘトヘトです(笑)。

――5人のパフォーマンスを見ていかがでしたか?

秋山:(佐藤)寛太がやぱり一番うまいんじゃないですかね。もともとEXPGでダンスをやっていたこともあるので。

――映画の中の世界観と、ドラマではまた違った感覚もあるので、そこを演じる上での難しさはありましたか?

秋山:特に難しいということはなかったですかね。根底に流れているものは同じなので。僕が演じた役はチンピラだったんで、そこはBIRTHDAY BOYSになっても、人間が変わった感じになると物語が破綻してしまうので、その根底の部分を保とうということは考えていました。

――SABU監督とまた仕事をしてみていかがでしたか?

秋山:不自然になることを嫌う監督なので、そういうところがなければ、自由にやらせてくれました。基本的には、ご自身も俳優をやられていた方なので、役者の気持ちがわかるんでしょうね。役者に寄り添った演出を考えてくれるし、してくれる監督です。

――寄り添ってくれるというと、どんな感じなんでしょうか。

秋山:俳優っていろいろ言われると委縮してしまうんです。でも、SABUさんはそういうことがなくて、「あそこの台詞、難しいよね、あそこどうしようか」って感じで言ってくれますね。僕らから提案することももちろんあるし、そういう事に対しても、耳を傾けてくれるし、よければ採用してくれる。もしもいらなければ、率直にいらないと言ってくれる監督です。

――他の方に聞いたら、台本のト書きもきっちり書いてあるとのことで。

秋山:そうですね。事細かく書いてあります。はあはあと息が荒くなるシーンがあれば、どうして息が上がっているのか、そういうイメージもしっかり書いてあります。台詞も、言いにくいところはほとんどないですね。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる