『推しの王子様』泉美が選んだ“サ終”と光井との道 比嘉愛未&渡邊圭祐による撮影秘話も

『推しの王子様』泉美が選んだ光井との道

 比嘉は撮影が終わり、家に帰ってからも気持ちが少し沈んでしまうくらい、泉美の気持ちに寄り添った演技ができたという。渡邊は、その熱演もあってか、演技中は自然と涙を流し、撮影が止まってしまう場面が多かったことを明かした。ついには、渡邊の台本には「泣かないで」と書かれていた部分があったそう。しかしながら渡邊は「その制止を振り切って泣いてますからね」と現場の様子を語り、周りの撮影スタッフの笑いを誘っていた。

 泉美は、悩みに悩んだ末、水嶋の提案を受けることを決める。それは「ラブ・マイ・ペガサス」のサ終を意味していた。会社にとって大きな決断を下し、「これからどうなるんだろう」と弱気になっている泉美に光井(ディーン・フジオカ)は「ま、大丈夫でしょ。またこっからだって思えば」と優しく笑いかけた。いつでもどんな時でも一緒にいてくれる光井。泉美は「これからもそばにいてくれる?」と問いかけ、彼に寄り添う。好きだと自覚している航(渡邊圭祐)を追うことより、安心を与えてくれる光井を選んだ泉美。彼女がまた幸せそうに笑う姿を見ることはできるのだろうか。

■放送情報
木曜劇場『推しの王子様』
フジテレビ系にて、毎週木曜22:00~22:54放送
出演:比嘉愛未、渡邊圭祐、ディーン・フジオカ、白石聖、徳永えり、瀬戸利樹、佐野ひなこ、谷恭輔、藤原大祐、船越英一郎ほか
脚本:阿相クミコ、伊達さん(大人のカフェ)
編成企画:狩野雄太、江花松樹
プロデュース:貸川聡子
演出:木村真人、河野圭太、倉木義典
制作著作:共同テレビ
(c)フジテレビ



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる