シム・リウのアクションの裏側が明らかに 『シャン・チー』メイキング映像が公開

『シャン・チー』メイキング映像公開

 全国公開中の映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のメイキング映像が公開された。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』『ブラック・ウィドウ』に続くマーベル・スタジオ最新作となる本作は、マーベル・スタジオの新時代を築く新ヒーロー“シャン・チー”を描いた物語。

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」特別映像【マーベル映画史上最大級のアクションはこうして作られた編】

 公開されたメイキング映像は、自らの運命から逃れるために渡ったサンフランシスコで、ホテルで働く平凡な青年“ショーン”として暮らしていたシャン・チー(シム・リウ)が、彼の父であり犯罪組織“テン・リングス”のリーダーであるシュー・ウェンウー(トニー・レオン)が送り込んだ刺客と、走り続ける狭いバスの中で激しいアクションを繰り広げるシーンの撮影風景を捉えたもの。

 本作で最初のアクションが展開するこのシーンは、平凡な青年として過ごしていたシャン・チーが父から授かった最強の力を解放しヒーローへと覚醒する重要な場面でもある。デスティン・ダニエル・クレットン監督も「初めての経験だった」というように、実際にサン
フランシスコの坂道で本物の車をぶつけながら撮影されている。

 シャン・チーを演じたシム・リウは、この作品を「根っからのマーベル映画だ」「当然、アクションが満載。展開する各シーンのクオリティも間違いない」と語る。マーベル・スタジオの社長であり、本作のプロデューサーで、これまでも数々のマーベル・スタジオ作品を手掛けてきたケヴィン・ファイギも「マーベル映画で史上最大級のスケール」とコメントを寄せている。

 本作のアクションは世界中のあらゆる武術を結集して作られており、シャン・チーの親友ケイティを演じたオークワフィナが「スタントチームは最高峰」と語るように、本作のために世界中からトップクラスのスタッフが集められた。その中にはジャッキー・チェンのスタントチームメンバーとして長年活躍したアンディ・チェンやブラッド・アランも含まれており、さらにシャン・チーの母親を演じたファラ・チェンは太極拳の世界女王から直接指導を受けたほか、数々のアクション映画に出演してきたトニー・レオンもリハーサルだけで2週間を費やしたという。これまで多くの作品に出演し、本作ではシャン・チーの伯母イン・ナンを演じるミシェル・ヨーも神秘的な物語と世界中の武術を取り入れたアクションの融合に「個性的な作品」と語る。

 シム・リウはインタビューでも「これまでのマーベル映画では決して見られなかったシーンや場面に驚かされるはずだよ。そういうシーンに衝撃を受けて魅了されることになると思うんだ。とにかく観てもらわなければ信じてもらえないだろうけれどねと」と笑顔を見せつつ、さらに「デザイナーたちが考案したとても素晴らしくてクリエイティブなシーンが幾つかある。それらのシーンは、マーベル映画だけにとどまらず、一般的な映画全体のハードルを上げることになると僕は思っているよ」と作品の魅力をアピールした。

SHANG-CHI AND THE LEGEND OF THE TEN RINGS
0906_shangchee_sub02
SHANG-CHI AND THE LEGEND OF THE TEN RINGS
previous arrow
next arrow
SHANG-CHI AND THE LEGEND OF THE TEN RINGS
0906_shangchee_sub02
SHANG-CHI AND THE LEGEND OF THE TEN RINGS
previous arrow
next arrow

■公開情報
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
全国公開中
監督:デスティン・ダニエル・クレットン
出演:シム・リウ、トニー・レオン、オークワフィナ、ミシェル・ヨーほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)Marvel Studios 2021



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる