『おかえりモネ』内野聖陽が東京編に 『きのう何食べた?』西島秀俊との再共演への期待

『おかえりモネ』内野&西島、再共演への期待

 連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合)第14週「離れられないもの」の予告編が話題を呼んでいる。遂に、ヒロインの百音(清原果耶)の気象予報会社の上司・朝岡役の西島秀俊と、彼女の父親・耕治役の内野聖陽の本作における初めての“共演”シーンが観られたからだ。

 そもそも西島と内野の初共演は2人のW主演作であり、本作と同じく安達奈緒子脚本の『きのう何食べた?』(テレビ東京系/以下、『何食べ』)で、同性カップルの恋人役だった。

 西島が、弁護士で倹約家一見したところ無愛想で几帳面なシロさん役を、それに対して内野は、誰にでもオープンマインドで打算がなく、無邪気で無防備な美容師・ケンジ役を好演。2人が紡ぎ出す共同生活、一緒に囲む食卓風景が特別なことはない日常にこそ宿る幸せと愛おしい時間に溢れていた。これにはよしながふみによる同名コミックの原作ファンからも絶賛の嵐で、その後、スペシャル番組『きのう何食べた?正月スペシャル2020』(テレビ東京系)も放送され、今年の11月にはファン待望の映画化も決定しているほどだ。

 西島演じるシロさんの慎重な愛情表現と色気、そして内野演じるケンジの茶目っ気たっぷりで駆け引きなしの体当たりな言動が魅力的な本作。互いのことを誰よりも大切に思い合っているという二人の関係性は、根底に“信頼”が横たわっていて、あまりに純度が高く眩しかった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる