『おかえりモネ』内野聖陽が東京編に 『きのう何食べた?』西島秀俊との再共演への期待

『おかえりモネ』内野&西島、再共演への期待

 『おかえりモネ』の朝岡はフランクで常に新しいことにワクワクしていたいようなタイプ。対して耕治は、一家の大黒柱でありもともと面倒見が良く、自身も過去に音楽の道を断念し銀行員になったという役どころ。どちらかと言えば『何食べ』の時とは反対のキャラクターと言えるかもしれない。

 第14週では遂に朝岡が兼ねてより希望していた通り、気象キャスターを降りスポーツ気象に専念する選択をするようだ。そんな人生の岐路に立ち、朝岡の心の傷も明かされる際に側にいるのが耕治というのがまた憎い巡り合わせだ。

 本作の制作統括の吉永証氏も以前キャスティングについて「西島さんと内野さんの共演シーンを期待している方も多いといますが、基本的には2人の住んでいる場所がまったく違うのでなかなか難しいかもしれません。ただ、安達さんも2人のシーンは“大事に描きたい”と思っているようなので、もしかするとあるかもしれません。西島さんも内野さんも衣装合わせの際に『一緒のシーンがあったらどんな風に演じたらいいのかな』なんてお話もされていました」と語っている(参照:西島秀俊×内野聖陽の共演シーンは? 『おかえりモネ』キャスティングの意図を制作統括に聞く参照)。

 これまで全く違う人生を歩んできた朝岡と耕治がどんなふうに出会い、どんな言葉を交わし合うのか、そしてそれが百音にとってもどのような影響を与えるのか、今から非常に楽しみだ。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45、(再放送)11:00 〜11:15
※土曜は1週間を振り返り
出演:清原果耶、内野聖陽、鈴木京香、蒔田彩珠、藤竜也、竹下景子、夏木マリ、坂口健太郎、浜野謙太、でんでん、西島秀俊、永瀬廉、恒松祐里、前田航基、高田彪我、浅野忠信ほか
脚本:安達奈緒子
制作統括:吉永証、須崎岳
プロデューサー:上田明子
演出:一木正恵、梶原登城、桑野智宏、津田温子ほか
写真提供=NHK



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる