初恋の相手との突然の別れが 『Summer of 85』第2弾予告&新ビジュアル公開

 8月20日より公開されるフランソワ・オゾン監督最新作『Summer of 85』より、第2弾予告編、新ビジュアル、新場面写真が公開された。

 

本作は、オゾン自身が17歳の時に出会い深く影響を受けたエイダン・チェンバーズの小説『おれの墓で踊れ』(徳間書店)を映画化したもの。描かれるのは、運命的な出会いを果たした美しき少年たちの、初めての恋と永遠の別れ。原作小説に感銘を受けた10代当時の感情を投影しながら、少年たちの忘れられないひと夏の恋物語を映し出す。

 舞台は1985年、夏。北フランスの海辺の町。セーリングのためヨットで沖に出た16歳のアレックスは、突然の嵐に見舞われ、18歳のダヴィドに救助される。アレックスにとって、自然体で自信に満ちたダヴィドは眩いほど魅力に溢れていた。急速に惹かれ合い、友情を超えやがて恋愛感情で結ばれる二人。しかし、そんな幸せな日々も長くは続かなかった。愛すれば愛するほどに湧き上がる“満たされない気持ち”。「ほんの一瞬も離れたくない」と願うアレックスを待ち受けていたのは、不慮の事故によるダヴィドとの突然の別れだった。

 公開されたポスタービジュアルでは、バイクで疾走するダヴィド(バンジャマン・ヴォワザン)と、彼に頬寄せ愛を噛みしめるようなアレックス(フェリックス・ルフェーヴル)の姿が切り取られている。

映画『Summer of 85』第2弾予告編

 第2弾予告編は、主人公のアレックスがタイプライターに向かい、ダヴィドと過ごした日々を回想するシーンからスタート。「待つ必要はない、人生は短い」と微笑むダヴィドの強引さに惹かれ、次第に恋愛感情を抱くアレックス。ダヴィドとアレックスの仲睦まじい日々が描かれる中、後半では突如訪れたダヴィドとの永遠の別れが。生きる希望を失ったアレックスだったが、ある夜に交わした「どちらかが先に死んだら、残された方は墓の上で踊る」という誓いに突き動かされる。やがて彼は、心の痛みと向き合い、かけがえのない“6週間の青春”の物語を書き綴っていく。

 あわせて公開された場面写真では、アレックスが絶望に暮れ涙を流す姿や、ダヴィドの“死”と向き合うことを決意し、自らの物語を書き始める姿などが捉えられている。

0709_summerof85_sub03
0709_summerof85_sub04
0709_summerof85_sub01
0709_summerof85_sub02
0709_summerof85_sub06
previous arrow
next arrow
0709_summerof85_sub03
0709_summerof85_sub04
0709_summerof85_sub01
0709_summerof85_sub02
0709_summerof85_sub06
previous arrow
next arrow

■公開情報
『Summer of 85』
8月20日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督・脚本:フランソワ・オゾン
出演:フェリックス・ルフェーヴル、バンジャマン・ヴォワザン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、メルヴィル・プポー
配給:フラッグ、クロックワークス
原題:Ete 85/英題:Summer of 85/PG-12
(c)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINEMA-PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES
公式サイト:summer85.jp
公式Twitter/Instagram:@summer85movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる