あごのせからバックハグまで“ときめき全部乗せ” 『Summer of 85』場面写真公開

あごのせからバックハグまで“ときめき全部乗せ” 『Summer of 85』場面写真公開

 8月20日より公開されるフランソワ・オゾン監督最新作『Summer of 85』の場面写真が公開された。

 本作は、オゾン自身が17歳の時に出会い深く影響を受けたエイダン・チェンバーズの小説『おれの墓で踊れ』(徳間書店)を映画化したもの。描かれるのは、運命的な出会いを果たした美しき少年たちの、初めての恋と永遠の別れ。原作小説に感銘を受けた10代当時の感情を投影しながら、少年たちの忘れられないひと夏の恋物語を映し出す。

 舞台は1985年、夏。北フランスの海辺の町。セーリングのためヨットで沖に出た16歳のアレックスは、突然の嵐に見舞われ、18歳のダヴィドに救助される。アレックスにとって、自然体で自信に満ちたダヴィドは眩いほど魅力に溢れていた。急速に惹かれ合い、友情を超えやがて恋愛感情で結ばれる二人。しかし、そんな幸せな日々も長くは続かなかった。愛すれば愛するほどに湧き上がる“満たされない気持ち”。「ほんの一瞬も離れたくない」と願うアレックスを待ち受けていたのは、不慮の事故によるダヴィドとの突然の別れだった。

 このたび公開されたのは、本作の世界観を切り取った場面写真全9点。颯爽とバイクで風を切るダヴィドの肩にちょこんとあごを乗せ、初恋の喜びを噛みしめるように頬を寄せるアレックスの姿や、夕日を眺めながらのバックハグ、クラブやジェットコースター、セーリングを楽しむデートシーンなど、ティーンエイジャーならではの無邪気さと親密な空気が漂う恋の瞬間が写し出されている。

20210520_Summer of 85_sub01
20210520_Summer of 85_sub02
20210520_Summer of 85_sub03
20210520_Summer of 85_sub04
20210520_Summer of 85_sub05
20210520_Summer of 85_sub06
20210520_Summer of 85_sub08
20210520_Summer of 85_main
previous arrow
next arrow
20210520_Summer of 85_sub01
20210520_Summer of 85_sub02
20210520_Summer of 85_sub03
20210520_Summer of 85_sub04
20210520_Summer of 85_sub05
20210520_Summer of 85_sub06
20210520_Summer of 85_sub08
20210520_Summer of 85_main
previous arrow
next arrow

■公開情報
『Summer of 85』
8月20日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督・脚本:フランソワ・オゾン
出演:フェリックス・ルフェーヴル、バンジャマン・ヴォワザン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、メルヴィル・プポー
配給:フラッグ、クロックワークス
原題:Ete 85/英題:Summer of 85/PG-12
(c)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINEMA-PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES
公式サイト:summer85.jp
公式Twitter/Instagram:@summer85movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる