菅田将暉と沢田研二、永野芽郁と宮本信子の笑顔がリンク 『キネマの神様』新場面写真公開

『キネマの神様』菅田将暉&永野芽郁の新写真

 8月6日公開の山田洋次監督最新作『キネマの神様』より、新場面写真が公開された。

 松竹映画100周年を記念した本作は、原田マハによる同名小説を原作に、“映画の神様”が沈みかけた家族に奇跡をもたらす模様を描いた人間ドラマ。ダブル主演としてゴウを演じるのは、故・志村けんさんの遺志を継ぐ沢田研二と菅田将暉。そのほか、永野芽郁、宮本信子、野田洋次郎、小林稔侍、寺島しのぶ、北川景子、リリー・フランキー、志尊淳、前田旺志郎らが出演する。

 本作では、現代のゴウと淑子を沢田と宮本が、かつてのゴウと淑子を菅田と永野がそれぞれ二人一役で演じる。公開された場面写真には、まだお互いの気持ちを知らずにいた頃のゴウ(菅田将暉)と淑子(永野芽郁)、そして夫婦として約50年連れ添ったゴウ(沢田研二)と淑子(宮本信子)の微笑む表情が写し出されている。

 二人の出会いは映画監督になる夢を追いかけ、撮影所で働いていたゴウが通った食堂“ふな喜”。淑子は撮影所のスタッフが集う“ふな喜”の看板娘で、映画について熱く語るゴウを淑子は笑顔で真っ直ぐに見つめていた。過去のゴウと淑子の場面写真はそんな“ふな喜”での一場面を捉えたもの。しかしそんな青春の日々はやがて終わりを迎え、夢に挫折し打ちひしがれたゴウは撮影所を去り、長い月日の中でギャンブルと酒におぼれるようになっていくが、そんなゴウの傍で淑子は約50年後の現代も、青春時代と変わらぬほほえみで寄り添う。

 昭和から現代までひたむきにゴウに寄り添う淑子の物語を演じるにあたって永野は、「淑子のゴウちゃんに対する愛情の強さや、映画とまっすぐに向き合う気持ち、色々なものに温かさを感じました。それを山田監督に演出していただく時にはとてつもない大きな愛情にあふれた作品になるんだろうと思いました」と語る。宮本は「映画の歴史はもちろんのこと、撮影所の様子、青春物語、家族といった様々な要素が凝縮された物語で、完成を本当に楽しみにしていました」と、ゴウと淑子が青春時代を過ごした撮影所での日々や、夢を諦めたゴウと、寄り添い続けた淑子たち家族の姿が描かれる本作への想いを明かす。

20210623-kinema03
20210623-kinema05
20210623-kinema02
previous arrow
next arrow
 
20210623-kinema03
20210623-kinema05
20210623-kinema02
previous arrow
next arrow

■公開情報
『キネマの神様』
8月6日(金)全国ロードショー
監督:山田洋次
VFX監修:山崎貴
脚本:山田洋次、朝原雄三
原作:原田マハ『キネマの神様』(文春文庫刊)
出演:沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子、片桐はいり、原田泰造
主題歌:「うたかた歌」RADWIMPS feat.菅田将暉(Muzinto Records/EMI)
配給:松竹
(c)2021「キネマの神様」製作委員会
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる