柄本時生が“サイコロステーキ先輩”に 菅田将暉主演映画『CUBE』に“最初の男”として出演

柄本時生、『CUBE』出演決定

 10月22日公開の菅田将暉主演映画『CUBE』に、柄本時生が出演することが決定した。

 本作は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督作『CUBE』を日本版としてリメイクしたもの。突然閉じ込められた男女6人。エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員……彼らには何の接点もつながりもない。理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。体力と精神力の限界、極度の緊張と恐怖と不安、そして徐々に表れていく人間の本性……終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。

 主人公のエンジニア・後藤裕一役で菅田が主演を務めるほか、団体職員・甲斐麻子役に杏、フリーター・越智真司役に岡田将生、中学生・宇野千陽役に田代輝、整備士・井手寛役にに斎藤工、会社役員・安東和正役に吉田鋼太郎が扮する。

 このたび、映画『バイプレイヤーズ 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』などに出演する柄本が、“最初の男”として本作に出演することが決定。あわせて場面写真も公開された。本作での“最初の男”は、主人公・後藤裕一たちよりも前にCUBEに閉じ込められた模様。突如閉じ込められた謎のCUBEを前に「一体これから自分の身に何が起こるのか」という予測不可能な恐怖からか、表情には緊迫感がにじみ出ている。この男の想像を絶する末路とは。そしてどのように物語に関わってくるのか。

 近年『バイオハザード』や『鬼滅の刃』などで、一瞬にしてサイコロステーキ状に斬り刻まれて死亡するキャラクターが“サイコロステーキ先輩”という愛称で親しまれているが、オリジナル版の『CUBE』に登場した“最初の男”こそ、その元祖にあたる。

 演じた柄本は「中学生だったと思うのですが、スゴい作品が出てきたなと衝撃を受けたのを覚えております。現場に入ってセットを見た時、日本でこんなことが出来るのかと感動をしました。出演させて頂きまして有難う御座いました」とコメントしている。

■公開情報
『CUBE』
10月22日(金)公開
原作:ヴィンチェンゾ・ナタリ『CUBE』
出演:菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎
監督:清水康彦
配給:松竹株式会社
製作:「CUBE」製作委員会
(c)2021「CUBE」製作委員会
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/cube/
公式Twitter:@cube_m0vie
TikTok公式アカウント:https://www.tiktok.com/@cube_m0vie 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる