永瀬廉、『おかえりモネ』清原果耶、恒松祐里らとの共演を語る 「本当の幼なじみみたい」

永瀬廉、『おかえりモネ』清原果耶、恒松祐里らとの共演を語る 「本当の幼なじみみたい」

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『おかえりモネ』。及川亮役の永瀬廉よりコメントが寄せられた。

 本作は、「海の町」宮城県・気仙沼で生まれ育ち、「森の町」登米で青春を送るヒロイン百音(清原果耶)が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けてゆく、希望の物語。

 永瀬は本作が初の連続テレビ小説出演。オーディションを受けた際は「落ちてもしょうがない!」と思っていたそうで、「まさか受かるとは!と驚きましたし、素直に嬉しかったです。朝から観ていただくドラマですし、やはり朝のひとつの楽しみですよね」と喜びのコメント。 

 安達奈緒子による脚本については、「人との繋がりが深く濃く描かれていて、いまの僕たちにも繋がると思いました。家族ではない、でも家族のように接してきた幼なじみたちを、どうにかして助けてあげたいと思えるシーンがあって、亮たちのような関係の幼なじみって素敵だなと思います」とその魅力を絶賛。

 演じる亮は漁師ということもあり、真っ黒に日焼けをしている。漁師としての細かい作業も取得中なようで、「船と岸をローブで結ぶ、という作業のローブの結び方がとても難しくて! 漁師さんの生活など含め、本当に尊敬するなという気持ちになりました」と敬意を述べた。

 亮は中学時代には吹奏楽部に所属。永瀬もトランペットを演奏している。「トランペットは初めて吹きました。先生とマンツーマンで練習して、音はすぐに出たんですけど、音の高低の切り替えが難しくて。息の吐き方とか、難しかったですね。幼なじみと全員で合同練習したのは面白かったです!」

 第3週は中学時代を含めて、幼なじみの絆が描かれる週となった。幼なじみとのシーンについては、「海岸に行くシーンは、本当に早朝に撮影していて、気仙沼の空気などを感じな がら撮影したので、少し青春っぽくて楽しかったです。本当の幼なじみみたいにわいわいし ていますよ。役のキャラクターとそんなに変わらないですね」と劇中同様に仲のいい関係性であることを明かした。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45、(再放送)11:00 〜11:15
※土曜は1週間を振り返り
出演:清原果耶、内野聖陽、鈴木京香、蒔田彩珠、藤竜也、竹下景子、夏木マリ、坂口健太郎、浜野謙太、でんでん、西島秀俊、永瀬廉、恒松祐里、前田航基、高田彪我、浅野忠信ほか
脚本:安達奈緒子
制作統括:吉永証、須崎岳
プロデューサー:上田明子
演出:一木正恵、梶原登城、桑野智宏、津田温子ほか
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる