石原さとみ、30代の新たなヒロイン像 『失恋ショコラティエ』から『恋ぷに』までの変化

石原さとみ、30代の新たなヒロイン像 『失恋ショコラティエ』から『恋ぷに』までの変化

 石原さとみ×綾野剛のW主演『恋はDeepに』(日本テレビ系、以下『恋ぷに』)は、主演2人にとって久々のラブコメ出演作となり、話題を呼んでいる。

 石原さとみといえば、ラブコメ出演は20代の頃の『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)、『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)、『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(フジテレビ系)、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)など枚挙にいとまがない。

 作品内で石原が着用していたファッションにも注目が集まり、『失恋ショコラティエ』での高橋紗絵子役ではまさに“小悪魔”そのものを体現し、当時至る所でもてはやされていた“女子力”の権化と化した。

 しかし、30代を迎え彼女の代表作となった『アンナチュラル』(TBS系)で演じた法医解剖医・三澄ミコト役で、そのイメージを刷新する。これまでのフェミニンな要素は一切封印し、愛想・愛嬌の類からは無縁のキャラクターで、“The お仕事ドラマ”を演じ切った。

 それまで演じてきた“男性に愛されるキャラクター”の中にも顔を覗かせていた石原が元々持ち合わせているのであろうサバサバとしている部分や“意志の強さ”に本作ではよりフォーカスされる形となり、彼女のファン層拡大にも繋がった。

 その後も『高嶺の花』(日本テレビ系)では華道の名家出身だが身元を隠しながら自分で人生を切り開いていく破天荒な女性・月島もも役を、『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)では謎多きレストランオーナー・黒須仮名子役を好演。群れない、媚びない、そして自分が興味のあることにはまっしぐら、マイルールの下で行動する風変わりな、だけれども憎めない女性役が続いた。それぞれに愛情表現も独特だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる