佐藤健と武井咲、共に歩んだ10年間 『るろうに剣心』のこれまでと2人の関係性を語り合う

佐藤健と武井咲、共に歩んだ10年間 『るろうに剣心』のこれまでと2人の関係性を語り合う

 2012年公開の『るろうに剣心』から始まった映画『るろうに剣心』シリーズのラストを飾る2部作である『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』。『るろうに剣心 最終章 The Final』は4月23日より公開され、主人公・緋村剣心と、剣心の“十字傷の謎”を知るシリーズ最恐の敵・縁の戦いが描かれる。そして、剣心の十字傷の謎に迫る『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(6月4日公開)へと繋がり、シリーズは遂に完結を迎える。

 シリーズ1作目から緋村剣心を演じてきた佐藤健と、剣心を支える神谷薫を演じてきた武井咲。撮影に挑むのには覚悟が必要だったという『The Final』や、10年間にわたる『るろうに剣心』シリーズへの思い、そして10年間の2人の関係性について、佐藤と武井に語ってもらった。

覚悟を持って臨む必要がある『るろうに剣心』シリーズ

ーー2014年に公開された『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』から7年を経ての続編となりました。前2作のときから、さらなる続編の可能性はあったのでしょうか?

佐藤健(以下、佐藤):正直、「やるんだろうな」という予感はありましたし、僕自身も「やらねばならない」と思っていました。ただ、『るろうに剣心』の現場は本当に過酷なので、撮影が終わったあとは、またこれをゼロからやるなんて考えたくもないんです。だから、「また次やるんですかね」みたいなことは絶対に口には出さないし、監督ともそういう話はしませんでした。いわゆる見て見ぬふりをしてきたんです(笑)。でも、どこかでいつかまたやるんだろうなとは思っていました。

武井咲(以下、武井):私も続編をやる予感はしていました。でも健さんがおっしゃる通り、とにかくキャストにとってもスタッフさんにとっても大変な現場なので、ぬるい気持ちでは挑めない。そういう背景もあって、実際にたどり着くまでにそれだけの時間がかかったんだと思います。薫としては、「早くみんなに会いたいな」と思っていました。

ーーそれだと実際にやることが決まってからそれなりの覚悟が必要になりそうですね。

佐藤:まさにそうです。「ついにか……」と思いましたから(笑)。だからそういう意味でも『るろうに剣心』をやるには時間が必要になってくるんですよね。いい意味で前の作品を忘れてからじゃないと、またやろうって思えないんです。

ーーそれはやっぱりアクションが大きな理由になるんですかね?

佐藤:まあアクションに限らずなんですけど、それにしてもアクションの比重は大きいですね。これだけの大作ですから、演じる僕たちはもちろん、みんな時間が必要になりますし、非常に大変ではありますね。

武井:私は健さんほどアクションがあるわけではないので、同じと言ったら失礼かもしれないですけど、覚悟を持って挑むというのは私もそうでした。本当に皆さんものすごい覚悟で挑まれている作品なので、私も自分なりの熱意を持って参加したいですし、今回は前作から結構間が空いてしまったので、「また大友組に入るぞ」という気合を入れる必要はありました。本当に緊張に押しつぶされそうな現場なので(笑)。

20210518-rurounikenshin-06
20210518-rurounikenshin-07
20210518-rurounikenshin-08
20210518-rurounikenshin-09
20210518-rurounikenshin-10
20210518-rurounikenshin-11
20210518-rurounikenshin-12
20210518-rurounikenshin-13
previous arrow
next arrow
20210518-rurounikenshin-06
20210518-rurounikenshin-07
20210518-rurounikenshin-08
20210518-rurounikenshin-09
20210518-rurounikenshin-10
20210518-rurounikenshin-11
20210518-rurounikenshin-12
20210518-rurounikenshin-13
previous arrow
next arrow

ーー2012年に公開された1作目『るろうに剣心』のときから、大友監督、アクション監督の谷垣健治さんと共に日本映画最高峰レベルのアクションが生み出されてきました。やはり「前作を超えなければいけない」というプレッシャーもあるのでしょうか?

佐藤:それは当然の認識として全員が持っていました。前作と同じならやる意味がないというか。当然、前作以上のものをお客さんは期待しているわけなので、僕たちはそれ以上のものを作らないといけないと考えていました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる