『リコカツ』緒原紘一は“良い夫”? 永山瑛太が体現する愛情の深さ

『リコカツ』緒原紘一は“良い夫”? 永山瑛太が体現する愛情の深さ

 運命的な出会いをきっかけに、交際ゼロ日でスピード結婚した二人が、生活習慣や価値観の違いで離婚に向けて「リコカツ」を始める……そんな「離婚するかもエンターテインメント」なドラマ『リコカツ』(TBS系)で、永山瑛太演じる緒原紘一の夫像が気になっている。

 既婚者目線で紘一の夫としての良いところ、悪いところを観察しようと考えていたのだが、正直良い・悪いで判断するのは難しいと感じている。確かに、第1話での早朝4時に起床ラッパの音で起こされるくだりや家訓の唱和には度肝を抜かれたし、いつも同じ服装な紘一とファッション雑誌の編集者をしている水口咲(北川景子)とのセンスの違いにはハラハラさせられた。だがそれは、二人がお互いの価値観をよく知らぬまま結婚に至ったからこそ。離婚を考え「リコカツ」を始めた二人だが、そのことが、お互いを知る第一歩になっているように思える。


 紘一が咲と結婚した理由は、雪山で遭難した咲を救助した際、紘一の姿にほっとした笑顔を見せた咲を見て「この人を助けるためにこの仕事に就いたんだ」と思ったから。紘一がまだ青山(高橋光臣)が咲の元カレだと知らなかった時、紘一は「付き合った人とは結婚しようと思っていました」とも話していた。このような背景をふまえて紘一の咲に対する言動を振り返ると、紘一の一途さや咲の幸せを一番に考えて行動する彼の優しさが伝わってくる。

 紘一は事あるごとに身を挺して咲を守り、「まだ君の夫だ」と優しい言葉をかけてきたが、彼の魅力はこれだけではない。夫・武史(平田満)の浮気性について美土里(三石琴乃)が愚痴をこぼした時には、咲の目の前で「自分はそのようなことはしません!」と断言していたし、新婚旅行の際は、咲のセンスには合わなかったかもしれないが、彼なりに入念に旅行の準備を行っていた。

 美土里の誕生日パーティーの準備をするシーンでは、咲と一緒に部屋の片付けや掃除、飾り付けをしていたが、その姿は決して消極的ではない。離婚を進めようとしているからか紘一の「自分の家族として君のお母さんの誕生日を祝えるのは最初で最後だ」という台詞は切なく聞こえたが、「最後に、みんなで集まって祝ってあげたほうがいいんじゃないか」と言ったその声色は、家族を思う咲の気持ちを汲んでか、とても優しかった。

 咲と青山の関係が気になり、二人の過去を美土里から聞き出してしまったことや、咲と相談することなくマンションの査定を進め、記入済の離婚届を渡したことには驚かされたが、穏やかな表情で咲と接する紘一を見ていると、家を手放すことも離婚に積極的なのも、運命の人だと感じた咲に幸せになってほしいからではないかと考える。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる