“アノニマス”の正体がついに明らかに! 万丞と倉木の掛け違えたボタン

“アノニマス”の正体がついに明らかに! 万丞と倉木の掛け違えたボタン

「匿名の正義とは、コントロール不能なモンスターです」

 ついに、アノニマスの正体が判明した『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)第7話。すべての始まりは、2年前の「大田区社長刺殺事件」だった。それは万丞(香取慎吾)にとって、かつての相棒・倉木(シム・ウンギョン)が凶弾に倒れた因縁の事件だった。

アノニマスの目的は、警察への正義の鉄槌

 警察内部の人間しか知り得ない情報も含めて、Webサイト「裏K察」に次々と告発をしてきたアノニマス。理不尽な力に押しつぶされ叫ぶことのできない人々に代わり、声を上げていくアノニマスの行動は、すっかり世間からダークヒーローとして信頼されるまでになっていった。

 だが、同時に私的制裁を許す空気が蔓延する社会に、危機感を募らせる指対のメンバーたち。そんな中、アノニマスから次に告発するのは、警察そのものだという挑戦的なメッセージが届く。そして、明かされたのが2年前の「大田区社長刺殺事件」の真相。

 当時、警察が物証を捏造したこと。罪のない人間を自供させ、自殺に追い込んだこと……。「皆の力で、正義を取り返しましょう」と訴えたアノニマスの主張は大きな注目を集める。これまで世間の信用を勝ち取ってきたアノニマスの真の目的は、警察内部に潜む横暴な捜査を暴き、その真相を世間に知らしめて、制裁を下すことだった。

誰にも言えない叫びが、アノニマスを生む

 万丞にとってアノニマスは、倉木にガセネタを掴ませた怪しい情報屋だった。だが、その思い込みを取り払い、改めて2年前の事件を捜査し直すと、アノニマスの情報が正しかったことがハッキリとしてくる。今も倉木のもとに匿名で送られてくる紫のヒヤシンス。哀しみを表すその花の送り主は、間違いなくアノニマスの正体だ。

 2年前、事件の捜査に関わり、倉木のその後を見守り続けている人物……それは指対の室長・越谷(勝村政信)だった。上司からの圧力により警察の捏造に加担する羽目になってしまった越谷。その無念さ、悔しさ、主張することすらできない正義感から生まれたのが、匿名の情報屋“アノニマス”だった。

 「あなたがしたことは正義の告発です」と、倉木への罪悪感に苛まれる越谷に、万丞はそう告げた。その情報を受け取った倉木が、1人で真犯人のもとへと向かったことが悲劇の始まり。「悲劇を招いたのは、俺の責任です」と。

 すべての悲劇は、複雑な因果の連鎖で起こる。アノニマスを生んだ罪、冷静さを欠いた罪、相棒の声に耳を傾けなかった罪、家族や仕事を守るために口をつぐんだ罪……少しずつ小さな罪が重なってやがて大きな哀しみとなる。一部を切り取って誰かに制裁を下せば、丸く収まるほど、残念ながらこの社会は単純じゃない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる