『アノニマス』が描く、社会における様々な暴走の連鎖 万丞と倉木の関係にも新展開が

『アノニマス』が描く、社会における様々な暴走の連鎖 万丞と倉木の関係にも新展開が

「万丞くんは相棒の暴走を止められなかったことを、深く後悔しているようだ」

 『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)第4話のキーワードは「暴走」だった。正義、愛、使命感……そうした強い思いが引き金となって人は暴走をしてしまう。本来、その思いは美しく、尊いものだからこそ、それを止めることは難しい。

芸能人への批判は、どこからが暴走か

 今回「指殺人対策室(ゆびたい)」を訪れたのは、元アイドルの真壁澪(田中美里)。既婚男性とのW不倫を報じられたことから、ネット上で批判が殺到。次第に、誹謗中傷を含んだ「叩き」へとヒートアップしていく。

 そして、警察しか知り得ない情報が度々流出している闇サイト「裏K察」では、過去に澪へのストーカー行為を行った柳田(山本浩司)が「W不倫をリークしたのだ」と踏み込んだ話が書き込まれ、さらには柳田の個人情報までも晒されてしまう。

 この風景は、現実にも見覚えがある。著名人のスキャンダルが報じられると、SNSではワッと多くの人が集まって、多くの言葉が発せられる。「不倫は良くない」という倫理観が語られる一方で、その投げかけた言葉にモラルが欠如しているなんてことも少なくない。

 正義感があるからこそ、許せないと思い、繰り返されないようにと願って声をあげる。そこにあるのは、紛れもなく善意だ。しかし、その純粋な思いが一線を越えて「暴走」になりかねないことを、冷静に見つめていく強さを持っていたい。

 秩序の保たれた社会に、より良い世界に……そう願わなかった時代はない。しかし、歴史を振り返れば、その「正義」の違いによって多くの血が流れてきた。肉体的に切り合うことはなくなったように見えても、SNS上で言葉での殴り合いに取って代わっただけなのかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる