生田斗真が体現する脚本家の苦しみと喜び 『書けないッ!?』が描く“才能”との向き合い方

生田斗真が体現する脚本家の苦しみと喜び 『書けないッ!?』が描く“才能”との向き合い方

 生田斗真が主演を務めるドラマ『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』(テレビ朝日系)が、2月27日に第6話を迎えた。

 今週のエピソードで印象的に描かれたのは、圭佑(生田斗真)と奈美(吉瀬美智子)の間で徐々に出来ている夫婦の溝だ。奈美は新たな書き下ろし小説の構想を練っていた。それは圭佑が脚本を手がけるドラマ『富豪教師Q』と同じ、バンパイアもの。香坂りり子のペンネームでベストセラー作家と呼ばれる奈美は、新作『ブラッディミュージック~血の旋律~』を圭佑が読んで、その才能の差に絶望してしまわないかと心配していた。

 一方の、圭佑は第7話の原稿執筆に悩んでいるところに、完成稿になったはずの第5話の直しがやってくる。主演の八神隼人(岡田将生)が撮影中に怪我(ただし足首の捻挫)をし、歩けないからアクションは無理と言い出したのだ。当初予定されていた八神の右回し蹴りは、プロデューサーの東海林(北村有起哉)からのオーダーで「マッチョな総合格闘家を口喧嘩でギブアップさせる」という無茶な代案に変更。その口喧嘩の内容を圭佑はなかなかイメージ出来ずに、ついにはスキンヘッドの男(浜野謙太)が登場するほどに追い詰められてしまう。

 苦し紛れに書いた脚本に東海林が言ったのは「ドラマを貶めるつもりか」。初めて掴んだゴールデンタイムのドラマの脚本。ここで書かなければ圭佑は再び売れない脚本家に戻ってしまう。平気なつもりでいた圭佑だったが、自身の中にある脚本家として認められたい思いに気づく。主夫として奈美に食べさせてもらっていることにも、圭佑は負い目に感じていた。

 そんな圭佑に奈美は「格闘家って負けた時の記憶引きずるんじゃないかな? 例えば、神宮寺がその時の試合を再現するの。あっ、もちろん言葉で」と豊富な知識量と想像力で簡単に総合格闘家をギブアップさせるストーリーを考えついてしまう。自分の妻を改めて天才と認めながら、そっくりそのまま参考にするのは脚本家としてのプライドが許さない。圭佑は神宮寺の教師という設定に注目し、変質者を教え諭す脚本に変更。さらにフリーラップで神宮寺のパッションを表現するユニークな発想が、八神にも偉く気に入られる結果となった。

 後日、その台本を読んだ奈美は自分の提案したアイデアではなく、圭佑が生みだした、しかも面白いストーリーに脚本家としての才能を認めていた。自分の元に弱音を吐きに来ないことに一抹の寂しさを感じながら。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる