明日海りお、『おちょやん』で放つただ者ではないオーラ “ザ・女優”をどう魅せる?

明日海りお、『おちょやん』で放つただ者ではないオーラ “ザ・女優”をどう魅せる?

 謎に包まれた女優、高峰ルリ子(明日海りお)とは一体どんな人物なのだろうか。

 連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合)で、京都からふたたび道頓堀に戻った千代(杉咲花)を待ち受けていたのは、またもや一癖ある役者たち。鶴亀・大山社長の肝いりで新設された劇団に集められた旧・天海一座や歌舞伎、新派、歌劇団出身の俳優陣はまったくまとまる気配がない。脚本担当の一平(成田凌)は、彼らを使って新たな喜劇を上演しようとするものの、そう簡単にはいかないようでーー。

 そんなクセが強すぎる面々の中で、鮮烈な印象を残しているのが高峰ルリ子だ。撮影所での活躍を旧知のメンバーから褒められた千代に対し、わざと聞こえるように「映画、映画、映画……あんなものはお芝居とは違いますわねえ」と、たおやかな毒を吐いたあの人である。

 どうやらルリ子は東京新派の名門・花菱団で活躍した元トップ女優らしい。言われてみれば白地の着物をしゃんと着こなし、背筋を伸ばして正座する姿から、ただ者ではないオーラが漂ってくる。

 第9週「絶対笑かしたる」では、3話のみトータル3分未満の出演だったルリ子だが、斜め45度でカメラを見据える眼力とその美貌に「あの人は誰?」とネットをザワつかせていた。本格登場は第10週「役者辞めたらあかん!」からになるとのこと。ここでは今後の活躍に期待しつつ、高峰ルリ子役・明日海りおについて書いていきたい。

『ポーの一族』撮影:岸隆子 Studio Elenish

 白地の着物に日本髪の姿からは想像できないかもしれないが、明日海は宝塚歌劇団の元男役トップスター。花組でのトップ在任期間は5年半で、平成以降のトップとしては歴代3位となる。代表作は『エリザベート-愛と死の輪舞-』のトートや『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』のフェルゼン、『ポーの一族』エドガーなど。

 宝塚歌劇団の花組といえば、最初に組名が記される、いわば宝塚王道の組。華やかさと実力とを兼ね備えたスターが活躍するこの花組で、明日海は長期に渡ってトップを務め、2019年に退団。退団後はディズニー映画『ムーラン』タイトルロールの吹き替えなど活動の場を広げている。

 そんな彼女が現在挑んでいるのが、ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』エドガー役。かつて宝塚のトップスター時代に演じたのと同じ役を、男女混合キャストの中で担う。相手役のアランを演じるのはミュージカル初挑戦の千葉雄大。原作漫画からそのまま抜け出してきたかのような明日海エドガーと千葉アラン、ふたりの並びは“美しい”の一言だ。

『ポーの一族』撮影:岸隆子 Studio Elenish

 大人の女性が10代の少年役を演じると、体型含め無理が生じることも多いのだが、華奢な体格と中性的な雰囲気とで、明日海は永遠の時を生きる“バンパネラ”エドガー役を完璧に体現。聞けば本作で脚本・演出を担当する小池修一郎氏は、偶然出会った漫画家・萩尾望都氏に『ポーの一族』舞台化を打診し、それが実現したのがふたりの出会いから33年後の2018年。明日海りおという稀有なトップスターの存在が、あの伝説的な少女漫画を具現化させたのである。

 さて、話を『おちょやん』に戻そう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる