小芝風花が語る、『モコミ』など相次ぐ主演作での経験 「今後の役作りにもきっと生きてくる」

小芝風花が語る、『モコミ』など相次ぐ主演作での経験 「今後の役作りにもきっと生きてくる」

「作品を作ることができる環境って当たり前じゃない」

ーー2020年の印象的だったお仕事は?

小芝:たくさんありますが、やっぱり撮影期間にコロナウイルスの影響を受けた『美食探偵 明智吾郎』(日本テレビ系)は思い出深いです。途中で撮影が中断したこともあって、この作品の続きが撮れるのか不安になったこともありました。でも、無事撮影を再開できてみんなで集まって撮影をしていると、作品を作ることができる環境って当たり前じゃないんだと改めて実感しました。もうちょっと自己管理も頑張らなきゃいけないなと『美食探偵』のときに思いました。

ーー先ほどもお話にありましたが、小芝さんにとってもコロナの影響は大きかったと。

小芝:そうですね。自分がこの先どうなっていたいのかとか、マネージャーさんやメイクさんたちスタッフの皆さんとより良い関係を築いていくためにどうすればいいのかとか……本当にたくさんのことを考えました。ここまで自分に向き合う時間は、これまで取れていなかったようにも思います。どうしても忙しかったりすると後に回してしまったり、空き時間にゲームをしちゃったりするので(笑)。

ーー役者というお仕事への向き合い方にも変化があったんですね。

小芝:このシーンではこれを伝えたいとか、見てくださっている方にこういうふうに感じてほしいとか、考えるのが楽しいんです。演技を通して、そんな自分の思いが見てくださっている方に伝わったときがすごく嬉しいです。あと、ほかの役者さんのお芝居を見ていて、泣くつもりじゃなかったのに自然と涙が出てきたり、自分の想定外の出来事が起こるのがこの仕事の面白いところだと思います。先ほどのキャッチボールの話じゃないですが、みんなで一つの作品を作っている感覚がいまはすごくやりがいにつながっています。

ーー最後に、小芝さんの2021年の目標を教えてください。

小芝:怖い役をこれまでやったことがないので、やってみたいですし、恋愛モノにも挑戦したいです。今までのイメージとは違う役ができたら嬉しいです。プライベートでは家族でキャンプに行きたいです。去年はたくさん行く予定だったんですが、コロナの影響で行けなかったので、今年はコロナが終息していることを祈って、キャンプが目標です。キャンプグッズはいっぱいあるので!

■放送情報
『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』
テレビ朝日系にて、1月23日(土)スタート 毎週土曜23:00~23:30放送
出演:小芝風花、加藤清史郎、工藤阿須加、田辺誠一、富田靖子、橋爪功、水沢エレナ、内藤理沙ほか
脚本:橋部敦子
演出:竹園元(テレビ朝日)、常廣丈太(テレビ朝日)、鎌田敏明
音楽プロデュース:S.E.N.S. Company
音楽:森英治
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:竹園元、中込卓也(テレビ朝日)、布施等(MMJ)
制作著作:テレビ朝日
制作協力:メディアミックス・ジャパン(MMJ)
企画協力:オスカープロモーション
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる