舞台で鍛えられてきた気鋭の若手が朝ドラに大抜擢 東野絢香が『おちょやん』で示すポテンシャル

 朝ドラ『おちょやん』(NHK総合)に出演中の東野絢香。おそらくほとんどの方が、今作で彼女の存在を知ったのではないかと思う。出演作がまだ少ないことから、“芸達者な新人”と捉えられているかもしれないが、舞台で鍛えられてきた気鋭の若手俳優である。

 “気鋭”とはいえ、東野が連続ドラマにメインキャストの一人として出演するのはこれが初。本作における彼女の役どころを考えてみると、これは“大抜擢”といえるものだろう。東野が演じる役どころを再確認しておきたい。彼女が演じる岡田みつえは、ヒロイン・竹井千代(杉咲花)の奉公先である芝居茶屋「岡安」の“お嬢さん”。女将であるシズ(篠原涼子)と主人の宗助(名倉潤)の一人娘であり、なかなかの甘えっ子である。「ほげたが達者(……大阪弁で口答えがうまいこと)」といわれる千代に負けじと、みつえも勝気なお嬢さんであり、張り合うこともしばしば。千代と同い年でありながら、あくまでも主人サイドと奉公人という関係を崩そうとはしない。単身、這い上がってきたヒロインとは対照的な立ち位置にある存在であり、現時点における千代の“ライバルポジション”ともいえるのではないだろうか。

 そんな大抜擢をされた東野だが、彼女と同世代でありながら経験豊富な杉咲花や、両親役の篠原涼子に名倉潤、みつえの祖母である岡田ハナを演じるベテランの宮田圭子らに対しても、まったく引けを取っていないように思える。みつえというキャラクターの奔放な性質は、的確にドラマ展開を盛り上げつつも、決して本筋の邪魔をしない。こういったキャラクターは、ともすると視聴者にとって“ノイズ”になりかねないが、そうなっていないのがじつはすごいところ。千代と張り合う際や、ちょっとワガママな自己主張、好意を寄せている天海一平(成田凌)へのあからさま態度など、“出すところは出す”、そして“引くところは引く”ーー東野のこの演技バランスが絶妙なのだ。

 東野のいわゆる“勘の良さ”がこれを実現させているフシもあるのかもしれないが、筆者としては、やはりこれまでに彼女が培ってきたものがここに反映されているはずだと考えている。その場に応じた的確な発声や美しい滑舌というのは、“勘”や“センス”だけでどうにかなるものではないはず。東野は優れた演出家のもと、良質な演劇作品の舞台に立ってきた。昨年に上演された、前川知大率いるイキウメの大作『獣の柱』と、山田佳奈率いる□字ックによる『掬う』しか、残念ながら筆者は観られていない。しかしこの二作だけでも十分に、東野絢香という才能を堪能することができたと思う。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる