年末企画:加藤よしきの「2020年 年間ベスト映画TOP10」 厳しい状況だが劇場や配信で良作が

加藤よしきの「2020年映画TOP10」

 リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2020年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメの4つのカテゴリーに分け、映画の場合は、2020年に日本で公開された(Netflixオリジナルなど配信映画含む)洋邦の作品から、執筆者が独自の観点で10作品をセレクトする。第3回の選者は映画ライターの加藤よしき。(編集部)

1. 『フォードvsフェラーリ』
2. 『アンカット・ダイヤモンド』
3. 『ホワイト・ストーム』
4. 『ハスラーズ』
5. 『タイラー・レイク -命の奪還-』
6. 『エクストリーム・ジョブ』
7. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』
8. 『淪落の人』
9. 『悪魔はいつもそこに』
10. 『鬼手』

 2020年、本当にロクでもない1年でした。コロナで新作は軒並みキャンセルになって、映画館へ行く機会がゴソっと減りました。私生活でも今年は運よく生き残れましたが、それも本当に紙一重、来年は僕も仕事があるか謎です。そんなこんなで厳しい状況ですが、それはそれ、劇場だったり配信だったりで、面白い映画があったのもまた事実。そういう楽しかった思い出を振り返っていきたいと思います。

『鬼手』(c)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

 まず不動の10位が『鬼手』です。こういうベスト10って、色々な評価軸があると思うのです。「とにかく自分が好きな映画」とか「人にオススメしたい映画」とか「好き嫌いはさておき、これは評価しないといけない」とか。そんな色々な条件が重なってベスト10は出来ると思うのです。なので条件や発表する媒体、あるいはその日の気分によって順位が入れ替わることは多々あると思うんですよ。実際、今回のランキングでも1~5位あたりは気分で変わるでしょう。ですが何があろうと、どんなことがあろうと、絶対にランキングに入れたい――そんな10位映画が『鬼手』です。囲碁アクション映画なる前人未到のジャンルを作った『神の一手』(2015年)のスピンオフなんですが、前作以上にワケが分からない勢いを感じまして、人にオススメできるかはさておき、よく出来てるかもさておき、ともかくランキングに入れなければと使命感に駆られた次第です。基本的に負けたら死ぬ殺人囲碁対決は、見ている間「!?」の連続でした。こういう映画は大切にしていきたいです。

『悪魔はいつもそこに』Netflixにて配信中

 続いて9位の『悪魔はいつもそこに』(2020年)。こちらは記事も書かせて頂いたのですが、Netflixオリジナルの劇映画で、スパイダーマン役で有名なトム・ホランドが、狂人神父・猟奇殺人鬼・汚職警官に襲われるドン底人間ドラマです。絶対に60年代のアメリカに生まれなくてよかったなぁと感心しました。辛い2020年ですが、この頃よりはずっとマシだなと思うばかり。タイトル通り、悪魔みたいな人間はそこら中にいます。人間に絶望できる1本です。

『淪落の人』NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED (c)2018

 一方の8位『淪落の人』は、香港を舞台にしたヒューマンドラマ。事故で半身不随になった中年男性と、彼を支える若い女性介護士との友情を描いた1本です。人を饅頭にする役で有名なアンソニー・ウォンが頑固な、しかし優しい中年男性を好演。美しい香港の四季と相まって、観終わった後は爽やかな気持ちになりました。人間を信じたくなる1本です。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』BIRDS OF PREY TM & (c) DC. Birds of Prey and the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn

 7位は『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020年)。近年のアメコミ映画は世界の命運を賭けた壮大な戦いを繰り広げがちですが、本作はチーズバーガーを食えるか食えないかの小さなスケール感、それでいてキレのある格闘アクションが心地よかったです。ハーレイクインの原作漫画は邦訳版をいくつか読んでいたのですが、あのユーモラスな空気感がちゃんとありました。変な表現になりますが、『午後のロードショー』にピッタリの作品だと思います。今後は『午後ロー』枠でヘビーローテーションしてあげてほしいですね。

『エクストリーム・ジョブ』(c)2019 CJ ENM CORPORATION, HAEGRIMM PICTURES. CO., Ltd ALL RIGHTS RESERVED

 続いて6位の『エクストリーム・ジョブ』(2019年)は、韓国のコメディアクションです。今年も韓国映画は傑作/快作がたくさんありましたが、その中でも本作のドリフ的な笑いが大好きでした。出てくるキャラも立っていて、一発ギャグやら顔芸やら音楽ネタやら、とにかく観客を笑わせるために創意工夫を凝らし、それでいて最後はきちんと爽快に物語をシメる。コメディかくあるべしだと思いましたね。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる