『麒麟がくる』再登場、川口春奈のオーラの凄まじさ 『テセウスの船』名子役・柴崎楓雅も出演

『麒麟がくる』再登場、川口春奈の凄まじさ

 信長にとって大きな勢力である朝倉を倒すのは容易なことではなく、諸国大名の力添えが不可欠となる。光秀の言葉にヒントを得た信長は、時の帝である正親町天皇(坂東玉三郎)に拝謁して“戦は大義名分のため”と認めてもらおうと考えた。長いこと崩れたままになっていた京の御所の堀を信長が修繕してくれたことへの感謝もあり、帝は信長を“当代一の武将”と破格に扱い「この世を平らかにするための戦は止むを得ない」と戦いを容認する言葉を口にする。帝の賛辞に信長は相変わらず「褒められた」と破顔一笑した。

 光秀は義昭に、信長が帝から戦の勅命をもらったことを伝えにいくものの、なんとしても戦を避けたい義昭は「仲立ちをするのが、将軍の務め。この都に留まり、吉報を待つと告げよ」と返す。義昭が去った後、光秀は摂津と三淵を前にして、朝倉に京や畿内を守る力はないということを力説する。するとここで摂津が驚くべきことを口にする。かつて、朝倉の嫡男・阿君丸に毒を盛る指図をしたのは三淵だというのだ。さらに、その毒を越前へ運んだのが摂津の家臣だったとのこと。阿君丸毒殺は三淵と摂津により仕組まれたものだったのだ。2人は改めて信長に力を貸す気がないことを伝え部屋を後にする。当時、阿君丸毒殺に対して同じ年頃の子を持つ親であることから、細川藤孝(眞島秀和)と2人して眉を潜めていた光秀は唖然とするばかりであった。

 幕府の力添えをもらえぬまま、朝倉の待ち受ける越前へと出陣する信長。次回は信長に最大のピンチが訪れる。光秀はそれにどう加勢するのだろうか。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合にて、毎週日曜20:00〜放送
BSプレミアムにて、毎週日曜18:00〜放送
BS4Kにて、毎週日曜9:00〜放送
主演:長谷川博己
作:池端俊策
語り:市川海老蔵
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/
公式Twitter:@nhk_kirin



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる